ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

罹災証明書の交付について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月17日更新

罹災証明書の交付について

山北地区の府屋、岩崎、中浜、伊呉野を対象とした罹災証明書の集中交付は、6月30日(日曜日)をもちまして終了いたしました。

7月1日(月曜日)以降は、下記のとおり交付事務を行います。

交付場所

  • 本庁税務課資産税係
  • 山北支所地域振興課市民生活室

必要書類

  • 罹災証明申請書(窓口で配布しているほか、右からダウンロードできます 罹災証明申請書 [PDFファイル/135KB]
  • 調査済証(破れたり紛失された場合でも受け付け可能です)
  • 来られた方の本人確認書類
  • 家族以外の代理人は委任状
  • 修繕済みの場合は被災状況が分かる写真

その他

証明書の交付には概ね15分程度かかりますので、あらかじめご了承願います。

罹災証明書の交付には住宅の被害状況調査(外観調査)が必要となりますので、住宅が被災された方で調査を希望する場合は、7月26日(金曜日)まで下記問い合わせ先にお申し込みください。罹災証明書の交付は調査後となります。調査前に修繕をする場合は、被災箇所の写真が必要です。

罹災証明書の交付状況

7月12日(金曜日)午後5時現在

(単位:件)
罹災被災
6月26日(水曜日)942
6月27日(木曜日)772
6月30日(日曜日)894
7月1日(月曜日)~5日(金曜日)221
7月8日(月曜日)~12日(金曜日)120
2949

報道資料

罹災証明書等の交付・総合相談会受付状況について(6月30日現在) [PDFファイル/106KB]

 

罹災証明書とは

災害による住宅の被害について、その事実を市が認定した場合に、住宅の被害の程度について証明するもの。

罹災証明書(居住者用)

住宅を対象。各世帯において「主たる居宅(自宅)」に対し、発行されるもの。持ち家、借家の区別を問いません。

罹災証明書(所有者用)

住宅(空き住宅含む)を対象。建物物件の所有者に対して発行されるもの。借家の場合は、貸主のみに発行されます。住民登録者・非登録者を問いません。

使用例

地震保険等の請求、銀行からの融資、勤務先への提出、新潟県や村上市の支援メニューの手続きなどが考えられます。

・村上市の支援メニュー:山形県沖地震生活復旧支援メニュー(7月12日現在)

・新潟県の支援メニュー:新潟・山形沖地震により被災された方が住宅の確保に向けた計画づくりを行う際の参考となる「被災者生活再建の手引き」を作成しましたのでお知らせします。(外部リンク)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)