ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

森林環境教育促進事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月1日更新

朝日地区まちづくり協議会連絡会議は「森林環境教育促進事業」を支援しています

森林環境教育促進事業は、朝日中学校が、生徒の心に残る学校林「あさひの森」を整備するものです。公益社団法人国土緑化推進機構の助成を受け、3か年をかけて行われます。

朝日地区まちづくり協議会連絡会議では学校からの要請に応え、事業経費として、年に60,000円を負担しています。

学校林「あさひの森」の場所・面積

中学校グラウンド奥の雑木林(校舎から200メートルほど離れたところ)、面積3,730平方メートル

学校林「あさひの森」の整備内容

1年目

・季節ごとに楽しめる花木・草花の植栽、村上市および新潟県の木・花の植栽

・ネームプレートの作製・設置、散策路整備

森の看板植樹の様子

2年目

・草刈り、散策路の整備

・学習教材(学習用テーブル、ベンチ)の設置

3年目

未定