ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

スプレー缶をごみに出すときは

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月21日更新

スプレー缶をごみに出す際はご注意ください

  • スプレー缶は必ず使い切り、中を空にしてから缶の日に出してください。
(ガスが残ったままになっているとごみ収集車の中で爆発・炎上する危険があります。)
  • スプレー缶は缶の日に収集します。燃やさないごみ(不燃ごみ)の日には出さないようお願いいたします。

  • 完全に使い切り中が空になっているスプレー缶は、穴を空ける必要はありません。
  • スプレー缶に穴を空けたり、中のガスを抜く作業は屋内では行わず、屋外の風通しがよく火の気がないところで行ってく ださい。