ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光情報 > 観る > 村上地区 > 国指定史跡村上城跡(お城山)

国指定史跡村上城跡(お城山)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月9日更新

お城山遠景

村上城は、標高135mの臥牛山(がぎゅうさん)に築かれた城で、築城年代は不明ですが、16世紀前期には城が存在していたものと考えられます。戦国時代には本庄氏の本拠地として、永禄11年(1568年)の上杉謙信との篭城戦(ろうじょうせん)など、幾たびも戦いが繰り広げられました。

江戸時代に入ると、村上氏・堀氏・松平氏らの城主によって城の改造と城下町の建設が行われ、村上城は北越後(きたえちご)の中心拠点として整備されました。その後も、たびたび城主が交代しますが、享保5年(1720年)以後は内藤氏が代々城主を務め、明治維新を迎えます。

現在、天守櫓(てんしゅやぐら)・門などの城郭建造物は存在しませんが、城跡一帯には戦国時代に築かれた竪堀(たてぼり)・虎口(こぐち)などの遺構と、江戸時代に築かれた石垣の遺構が混在して残り、その姿が貴重であるとして、平成5年に村上城跡は国史跡に指定されました。

また、平成12年からは、破損がみられる臥牛山上の石垣を積み直す修理工事が開始され、現在も継続して工事が行なわれています。

山麓から山頂までは徒歩約20分で、小鳥のさえずりと豊かな緑に包まれた城跡は、訪れた人の憩いの場となっています。

山頂から見た村上市街

山頂から見た村上市街

お城山入り口(二之町)

村上城入り口

お城山山頂の石垣

お城山石垣

資料のダウンロード

村上城跡パンフレット(PDF:7.46MB)

アクセス

JR村上駅より徒歩約25分
※駐車スペースがわずかですので、村上市役所や村上市郷土資料館などの無料の駐車場をご活用ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)