ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 後期高齢者医療保険料 > 後期高齢者医療保険料に関する情報 > 平成30年度 後期高齢者医療保険料納入通知書の発送について

平成30年度 後期高齢者医療保険料納入通知書の発送について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月11日更新

平成30年度 後期高齢者医療保険料納入通知書の発送

平成30年度の後期高齢者医療保険料納入通知書を7月11日(水曜)に発送しました。

納入通知書の内容でご不明な点がありましたら、税務課保険税係(電話0254-75-8949)までお問い合わせください。

平成30年度の後期高齢者医療保険料の算定について

平成30年度の後期高齢者医療保険料の算定においては、以下の変更がありました。詳しくは新潟県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください

保険料率・賦課限度額が改定されました

H29年度

(改定前)

H30年度

(改定後)

比較
均等割額35,300円36,900円1,600円
所得割率7.15%7.40%0.25%
賦課限度額57万円62万円5万円

均等割額の軽減判定所得の算定が変わります

均等割額の5割軽減、2割軽減の対象が拡充されました。

  • 5割軽減 … 加入者数に乗じる金額を27万円から27万5千円に引き上げます。
  • 2割軽減 … 加入者数に乗じる金額を49万円から50万円に引き上げます。

所得割額の軽減が廃止されました

 前年の総所得金額等から33万円を引いた額が58万円以下の加入者に対する所得割額の2割軽減が廃止されました。

被用者保険の被扶養者であった方の均等割額が変わります

被用者保険の被扶養者であった方(元被扶養者)の均等割額は、平成29年度は7割軽減されていましたが、平成30年度は5割軽減に変わります。軽減後の年間保険料額は18,400円です。

※元被扶養者とは、後期高齢者医療制度に加入する前日において、家族の会社の健康保険など、被用者保険の被扶養者であった方をいいます。

※元被扶養者であっても、世帯の所得状況に応じて、均等割額が9割軽減、または8.5割軽減される場合があります。