ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

洋上風力発電とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月31日更新

洋上風力発電とは

洋上風力発電とは、イメージ図にありますように、洋上(海洋上)に設置する風力発電のことを言います。

洋上風力発電イメージ

洋上風力発電の特徴は、

(1)地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量が少ないこと

(2)陸上の風力発電に比べて、より大きな電力を生むことができること

などが挙げられ、洋上風力発電は、新しい発電事業として注目されています。

 

風車の種類

 洋上風力発電には、風車に種類があります。

風車の種類には、「浮体式」と「着床式」があります。

「浮体式」は、海に浮いている種類の風車で、海の深いところに向いています。

「着床式」は、海の底に風車の根元が埋めてある種類で、海の浅いところに向いています。

海のどこに風車を建てるかによって、風車の種類が変わります。

浮体式風車   着床式風車

 

風車の大きさ

 近年、風車の大きさはだんだん大きくなっています。

風車は大きい方がたくさんの電気をつくることができます。

陸上風車は、道路輸送の関係上、2メガワットが限界とされていますが、洋上風車の設置は、海上輸送・海上建設ができることから、5メガワット以上のものが主流となっています。

風車の大きさ

 

ウインドファーム

世界では、ヨーロッパを中心に、数十基の洋上風車を建てた大規模なものが建設され、すでに稼働しています。

このように風車がたくさん集まった場所をウインドファームと呼びます。

写真は、ノルウェー沖の洋上風力発電です。

ウインドファームの様子