ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフインデックス > 税金 > 固定資産税に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症の影響に係る固定資産税の軽減措置(令和3年度限定)について

新型コロナウイルス感染症の影響に係る固定資産税の軽減措置(令和3年度限定)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月1日更新

新型コロナウイルス感染症の影響に係る固定資産税の軽減措置(令和3年度限定)について

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者・小規模事業者(以下「中小事業者等」)は、事業収入の減少幅に応じ、令和3年度の固定資産税の課税標準の特例を受けることができます。

対象事業者  

新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月~10月までの任意の連続した3ヶ月の事業収入が、前年同期間と比べ著しく減少している中小事業者等

対象資産

事業用家屋および償却資産
※土地は対象外

特例割合

  • 事業収入が50%以上減少【全額免除
  • 事業収入が30%以上50%未満減少【2分の1軽減

申告方法

認定経営革新等支援機関等で事業収入が減少していることなどの確認を受け、必要書類を市へ申告(提出)してください。

確認に必要な書類

認定経営革新等支援機関等

税務、財務等専門知識を有し、一定の実務経験を持つ支援機関など(税理士、金融機関、商工会など)

市への申告(提出)期間

 令和3年1月4日(月曜日)~2月1日(月曜日)

市への申告(提出)書類

  • 申告書【認定経営革新等支援機関等に確認を受けた原本
  • 認定経営革新等支援機関等で確認を受ける際に提出した書類と同じもの【コピー可
  • 令和3年度の償却資産申告書

申告書提出先

  • 税務課資産税係
  • 各支所地域振興課市民生活室

制度の詳細について

中小企業庁ホームページ(外部リンク)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)