ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

救急救命士の処置範囲を拡大

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月20日更新

救急救命士が行うことができる医療行為の範囲が拡大されました。

消太が救急車に乗っている拡大された医療行為は、下記の処置です。

  • 低血糖患者の血糖値測定と点滴によるブドウ糖の投与
  • 心肺機能停止前の重度(重症)傷病者に対する点滴

ただし、これらの処置ができるのは認定された救急救命士だけです。

症状によっては適応が除外される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

村上市消防本部では、現在34人の救急救命士が認定され、各救急隊で平成27年1月1日から運用が開始されています。