ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業 > 計量器(はかり)の検査について知っていますか?

計量器(はかり)の検査について知っていますか?

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月26日更新

計量器は正確でなければなりません

 社会において正しい計量が行われるためには、使用される計量器が正確でなければなりません。いかなる計量器も製造された当初は正確でも、長く使用していると誤差が生じることがあります。

特定計量器定期検査とは

 誤差が生じた計量器が使用されることが無いように、「計量法」という法律では、特に売買などの取引や業務の証明に使用される計量器(特定計量器)について、使用者が定期的に検査を受けることを定め、精度の確認を義務付けています。この制度を「特定計量器定期検査」といいます。

検査主体

都道府県知事

実施時期

2年に1回

実施区域及び期日・場所

実施の1月前までに新潟県報に告示

定期検査が必要な計量器

定期検査の対象となる特定計量器の例

  1. 商店・露店(市場)・行商等で商品の計り売りに使用するもの
  2. 病院・薬局等で使用している調剤用のもの
  3. 病院・医院・診療所・保健所・学校・幼稚園・保育所等で使用している健康診断、身体検査用のもの(体重計)
  4. 運送業者等が貨物運賃の算出などに使用するもの(宅配取次店も含む
  5. 農業・漁業などに従事する者が、農産物・水産物などの計り売りなどのために使用するもの
  6. 工場・事業所などの原材料の購入・製品の販売・出荷のために使用するもの
  7. 公共機関への報告や公共機関が行う統計の公表などを目的として行う計量に使用するもの
  8. 納品検収用のもの

※使用頻度にかかわらず上記のように使用しているものは検査対象になります。

定期検査の対象とならない特定計量器の例

  1. 郵便物の試しはかりとして使用するもの(郵便局で再度計量のため)
  2. 野菜・果実等を農協等の名前で出荷している農家が使用するもの(農協等で再計量し、農家での計量が目安的な場合に限ります)
  3. 米の供出用等に使用する試しはかり及び肥料配合用のみに使用している農家のもの
  4. 事業所等で品質管理・原料の調合等のみに使用するもの(菓子、パン店など)
  5. 飲食店等調理用のみに使用するもの(仕出し店、弁当店など)
  6. 病院等で使用するもののうち、入院病棟で使用する体重計、分析検査等で使用するはかり、患者の薬の量を決めるうえでの参考としての体重計等
  7. 温泉入浴施設などに備え付けられている体重計
  8. 継続性、反復性のない取引に使用したはかり(たまたま隣人に米を2kg分けてあげた等)

※ただし、はかりの精度を確認するため、自主的な検査を希望する場合は検査手数料を納付したうえでの検査は可能です。

家庭用特定計量器(定期検査の対象となりません)

 一般家庭で使われている計量器(キッチンスケール、ベビースケール、ヘルスメーターなど)は、健康管理や調理の目安として使われているもので、取引や証明のための計量とはなりません。しかし、取引や証明には使用できません。

※家庭用特定計量器に、「家庭用マーク」が表示されています。

定期検査の受検方法

1指定場所検査(集合検査)

 各市町村での受験者の利便性を考慮し、定期検査を効率的に行うため、検査場所を県と市町村が協議し、実施年月とともに新潟県報に公示します。

 検査は、指定定期検査機関の職員が検査場所へ出向いて行いますが、受験者は、その指定された場所へ特定計量器を持参して受験することとなります。

※集合検査に持ち込める計量器の種類は限定されています。

2所在場所検査

 運搬が著しく困難な包装機・植付機付はかり(オートパッカー)のみ、その所在の場所で検査を行っています。

 この検査では一定の手続きが必要ですが、その所在場所へ指定定期検査機関の職員が出向いて行います。

※検査手数料の他に、職員の出張旅費等が受験者負担となります。

3定期検査に代わる計量士による検査(代検査)

 計量に関する専門的な知識と技術をもった計量士が、定期検査と同じ基準と方法で行う検査を、一般的に代検査といいます。

 この検査に合格後、検査の報告と証明書を県に届け出れば、定期検査を受ける必要はありません。

※代検査の実施にあたっては、受験者が直接計量士と費用や日程等を協議してください。

定期検査の合格・不合格

合格の場合…合格した計量器には、消費者にもよくわかるように見やすい箇所に「合格ラベル」を貼付します。

不合格の場合…計量器に「不合格ラベル」を貼付し「不合格票」の交付を行います。

※定期検査を受けない特定計量器や不合格になった特定計量器を取引や証明に使用すると、法により、罰せられることがあります。

お手元の計量器を確認してみてください

取引や証明に使用している計量器はありませんか?

その計量器は検査を受けたことはありますか?

特定計量器定期検査についてご不明な点等ございましたら、このページの問い合わせ先までご連絡ください。