ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康 > 健診・検診 > 風しん予防接種費用助成について

風しん予防接種費用助成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月29日更新

風しんは妊娠20週頃までの妊婦が感染すると、胎児にも感染して難聴や先天性心疾患、白内障などの「先天性風しん症候群」を発症する確率が高くなります。

風しんの予防にはワクチン接種が有効です。

市では、対象となる方に風しん予防接種費用の一部を助成します。

 

対象者

接種日時点で村上市に住所があり、抗体検査の結果、風しんの抗体がないまたは低い(HI法16倍以下、EIA法EIA価8.0未満)となった方で、以下のいずれかに該当する方が対象となります。(ただし、風しんの予防接種歴がある方、風しんにかかったことのある方は除きます。)

  • 妊娠を希望する女性
  • 妊娠を希望する女性の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含む)などの同居者
  • 風しん抗体価が低いまたは陰性である妊婦の配偶者などの同居者

助成額

予防接種費用の3分の1

(ただし、助成金額に100円未満の端数が出る場合はこれを切り捨てます)

(例)予防接種費用6,480円÷3=2,160円  →60円は切り捨てとなるため、助成額は2,100円となります。

助成までの流れ

1 医療機関にて風しん抗体検査を受ける

  • 「新潟県風しん抗体検査事業」の対象者に該当する方は無料で検査を受けられます。(詳しくは下記の外部リンクからご確認ください。)

2 医療機関にて予防接種を受ける(検査の結果、抗体がないまたは低い方)

  • 助成が受けられる場合でも医療機関へは自己負担で一旦費用を支払います。
  • 接種方法、料金などは各医療機関によって異なります。接種可能かどうかも含めて接種を希望する医療機関へ直接お問い合わせください。

3 申請書および添付書類を保健医療課または各支所地域福祉室へ提出

  • 市事業の助成対象となるか確認の上、該当者に助成金をお支払いします。

注意点など

  • 医療機関から渡される「風しん抗体検査結果証明書」「領収書」「風しん予防接種済証」は助成金申請をする際に必要となる書類ですので、紛失しないよう大切に保管してください。
  • 抗体検査の結果、抗体価が基準値以上である場合は、仮に予防接種を受けても市の助成対象とはなりません。

持参するもの

  • 「風しん抗体検査結果証明書」など風しん抗体価が記載されているもの
  • 領収書(予防接種費用代と分かるもの)
  • 風しん予防接種済証
  • 印鑑
  • 振込を希望する通帳番号が分かるもの

申し込み方法

  上記の持参するものをご用意のうえ、保健医療課(市役所2階)または各支所地域福祉室に申請してください。

  申込書はダウンロードのほか、保健医療課および各支所地域福祉室にも用意しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)