ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 障がい者福祉 > みんなの笑顔と安心のために(その6) ~知的障害を理解する~

みんなの笑顔と安心のために(その6) ~知的障害を理解する~

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

障がいのある人が、安心して暮らせるまちづくりをめざし平成27年4月からシリーズでお伝えしていきます

知的障害を理解する

知的障害とは、発達時期において脳に何らかの障害が生じたために知的な発達が遅れ、日常生活に困難が生じる障害です。コミュニケーションを上手にとれないこともあります。

コミュニケーションのポイント

ゆっくり

 話した内容を理解したことを確認しながら、ゆっくり応対しましょう。

はっきり

 一音ずつというよりは単語をはっきりと話し、ポイントを絞って伝えます。
ただ、強い口調ではなく穏やかな口調で声をかけましょう。

くりかえし

一度にたくさんのことをいわれてしまうと混乱してしまうことがあるので、ポイントを繰り返し伝えましょう。
※ 言葉で伝わらない部分は、身振りや体全体で気持ちを伝える、絵や文字を使ってわかりやすく説明するなどの工夫が必要です

人物