ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 小学校・中学校 > 市立学校・保育園の給食用食材の放射性物質測定結果

市立学校・保育園の給食用食材の放射性物質測定結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月26日更新

給食用食材の放射性物質測定の終了について
過去の測定結果
放射性物質測定について

給食用食材の放射性物質測定の終了について

 村上市では、東日本大震災による原発事故発生をうけて、給食の安全性を確認し、放射性物質に対する保護者などの不安を軽減するため、県の支援を受けて給食で使用する食材について、市独自に放射性物質検査を実施してきました。

 平成24年3月から6年間行ってきた検査ですが、これまでに放射性物質が検出された例は一度もなく、食品の放射性物質検査は、国や県が引き続き行うことから、その検査結果の情報分析によって、給食食材の安全性は十分確保できると判断いたしました。そのため、市独自の放射性物質検査は、平成30年3月末をもって終了することとしました。

 今後も、国や県の検査結果等を確認し、放射性物質が検出された場合には同じ産地の食材を給食に使用しないことなど、給食食材には十分配慮をしながら、安心・安全な給食提供に努めてまいります。

過去の測定結果

平成29年10月から平成30年3月まで [PDFファイル/99KB]
平成29年4月から平成29年9月まで [PDFファイル/97KB]
平成28年10月から平成29年3月まで [PDFファイル/102KB]
平成28年4月から平成28年9月まで [PDFファイル/105KB]
平成27年10月から平成28年3月まで [PDFファイル/101KB]
平成27年4月から平成27年9月まで [PDFファイル/99KB]
平成26年10月から平成27年3月まで [PDFファイル/105KB]
平成26年4月から平成26年9月まで [PDFファイル/102KB]
平成25年10月から平成26年3月まで [PDFファイル/105KB]
平成25年4月から平成25年9月まで [PDFファイル/132KB]
平成24年10月から平成25年3月まで [PDFファイル/133KB]
平成24年3月から平成24年9月まで [PDFファイル/169KB]

放射性物質測定について

  • 単位はBq/Kg(ベクレル/kg)です。
  • この検査の検出限界値は、約20Bq/kgです。検出限界値は測定する条件および食材によって異なります。
  • 「不検出」とは、放射性物質が存在しない、または検出限界値未満であることを表します。
  • 「再検査」とは、検出限界値以上の数値が検出されたため、検査機関による再検査を実施していることを表します。
    検査結果が判明後、測定結果を公表します。

(参考)
検出限界値とは・・・
その分析法や計測機器で検出できる最小値(最小限度)のことをいい、この値は測定環境(自然界に存在する大気中の放射線量)、測定条件(時間、重量など)、検査対象品目によって異なります。

このページの上部へ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)