ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 企業版ふるさと納税 > 企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)で村上市へのご支援をお願いします

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)で村上市へのご支援をお願いします

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月23日更新

事業者の皆さま、村上市を応援してください。

村上市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、国内最大規模の屋内スケートボード施設を企業版ふるさと納税の制度を活用し、企業の皆さまのご支援を受けながら進めていくこととしております。

皆さまから多くのご理解とご支援を賜りますよう心からお願いいたします。

スケートボード競技でオリンピックを目指すアスリートを応援します!

2020年東京オリンピック・パラリンピックを目前とし、世界から日本が注目されています。このような中、東京五輪では、新たにスケートボード競技が正式種目になり、特に愛好者の多い若い世代から注目が集まっています。

村上市では、市内にあるスケートボード団体が屋内スケートボード場を整備しながら、早くから選手育成を行っていたこともあり、ジュニア選手や愛好者が技の鍛錬に取り組んできました。この施設の利用者から世界で活躍するアスリートが誕生していることもあり、村上市から将来有望なスケートボードメダリストが生まれることも十分考えられ、市としても世界で活躍する若者を応援したいと考えています。

現在、拠点となっているスケートボード場は空き施設をリノベーションした施設で、平成21年には「トキめき新潟国体」のデモンストレーション競技も行われました。しかし、老朽化が進み、建物の利用が限界に近づいています。

スケートボードの聖地「むらかみ」プロジェクトについて

村上市では、子どもたちの夢と希望を応援するため世界で活躍するアスリートを目指すジュニア選手の育成や、本市が持つ歴史や文化、自然環境、食など地域のすぐれた魅力と結び、交流人口の拡大と市内の活性化を目的として、瀬波温泉地内に国内有数の屋内スケートボード施設「【仮称】村上市スケートパーク」を整備することを計画しました。

屋内スケートボード施設としては国内最大規模であり、天候や昼夜を気にすることなく技の鍛錬が可能です。正式種目になったことでオリンピック開催に向けてますます高まるスケートボード競技の国内競技会場や練習拠点として活用が可能となります。国内外のトップアスリートや国内に40万人いるといわれるスケートボーダーが技を競い、世界に羽ばたくことのできる拠点【聖地】となることを目指し、『スケートボートの聖地「むらかみ」プロジェクト』を開始します。

(仮称)村上市スケートパーク建設について

完成予想図

鳥瞰パース 外観

アリーナ 多目的

企業版ふるさと納税に係る「地域再生計画」が認定されました

本プロジェクトを推進するために、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用することとし、地域再生計画第44回認定申請において、平成29年6月27日付けで本市の事業が国(内閣府)の認定を受けました。

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)について

 地方税法および租税特別措置法に基づき、内閣府が認定した「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」に対する寄附を行った法人に対し、寄附額の3割に相当する額の税額控除の特例措置がなされます。現行の地方公共団体に対する法人の寄附に係る損金算入措置による軽減効果(約3割)と合わせて、寄附額の約6割に相当する額が軽減されます。

koujyoimege

企業版ふるさと納税 制度のポイント 

  ◆村上市に本社(税法上の主たる事業所または事務所)がない法人が対象となります。
  ◆寄附額10万円以上が対象となります。
  ◆寄附を理由として寄附した企業にお礼品を送付することや便宜を図ることなどはできません。

 ご寄附いただいた企業の皆さまの社会貢献活動やイメージアップにつながるよう、本プロジェクトの広報や情報発信に努めます。 ご寄附をいただいた皆さまについては、市ホームページなどで随時ご紹介いたします。(公表についてご了承をいただいた企業様のみ掲載します。)

ご寄附をいただいた企業の紹介 (掲載順不同)

藤島無線工業社名

藤島無線工業株式会社(新潟県長岡市)<外部リンク>

代表取締役 藤島幸一

情報通信システムの調査・設計・施工・保守および販売を行うエンジニアリング企業です。

冨山社名

株式会社冨山(新潟県新潟市北区)<外部リンク>

代表取締役 冨山道郎

大地を耕し、命を育む人の生活に貢献します。冨山は💛ハート(=富)を与えて、皆様と、ともに成長する企業です。

松沢商会社名

株式会社松沢商会(新潟県新潟市江南区)<外部リンク>

代表取締役 松澤昌雄

トラックボデー材料・部品・用品販売。情熱と意欲を持って取り組むプロフェッショナル集団、それが松沢商会です。

株式会社アライ

株式会社アライ(埼玉県さいたま市)<外部リンク>

代表取締役 新井雅晴

安心・安全・信頼をモットーに、地域に密着した建設工事を行っています。安全第一!でお客様との信頼関係を積み上げ、あらゆるニーズに柔軟に対応しつつ、堅実な建設会社を目指していきます。

新潟クボタ

株式会社新潟クボタ(新潟県新潟市中央区)<外部リンク>

代表取締役 吉田至夫

新潟の農業をもっと元気に、地域と活きる、農と歩む。これからも新潟クボタが持つ技術・ノウハウを活かし、夢ある元気な農業を農家の皆様と共に目指します。

藤木サッシ株式会社

藤木サッシ株式会社(新潟県北蒲原郡聖篭町)<外部リンク>

代表取締役 荒井義雄

快適・安心・美しさ、社会的ニーズの変化に応じながら、ビル用サッシの設計・施工で未来を創造する企業です。

ワールド繊維株式会社

ワールド繊維株式会社(東京都中央区日本橋馬喰町)

代表取締役 木村一昭

レース生地を用いた衣料品のデザイン、製造、卸を行っている企業です。

地域再生計画の概要について

1.事業名
 スケートボードの聖地「むらかみ」プロジェクト

2.事業費
 平成29年度 339,383千円
 事業費全体(H29年度からH31年度) 1,570,589千円

3.事業概要
 村上市は、全国に先駆けて国内最大規模の屋内スケートボード施設を新設整備し、民間事業者などによるスポーツ施設の運営と、これまで行ってきたスケートボード団体などの選手育成の取り組み、隣接する温泉宿泊施設や市内観光を組み合わせた日本有数のスケートボードの聖地となるまちを目指し、交流人口の拡大や地域活性化などを推進していきます。また、国際競技を念頭としたセクションの新設や選手育成を行ってきたスケートボード団体などの協力を得ながら、年少時からオリンピック・パラリンピックを目指したジュニア選手の育成を行うことで、県内外から有力選手が集う拠点を目指します。施設完成時にはオープンイベントを開催することにより、国内トップアスリートのデモンストレーションなどを催しながら施設を広報し、隣接する温泉地、市内観光地などと合わせた宿泊者の増加や市内飲食などの消費拡大を図ることを目的とします。

地域再生計画(スケートボードの聖地「むらかみ」プロジェクト) [PDFファイル/290KB]

寄附の流れについて

〇対象事業への寄附のお願い
1 寄附の申し出
 企業様からの寄附の申し出について、随時受付をしておりますので、お問い合わせください。
2 寄附の提供
 寄附の提供については、対象事業費の範囲内までとなり、事業費が確定した後に払い込みいただきますよう予めご了承ください。
3 税制措置の申請
 寄付金の領収書を交付いたしますので、申告時に地方創生応援税制の適用がある寄附を行った旨を申告するとともに、領収書の写しをご用意の上、手続き下さるようお願いします。

◆説明資料  地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)活用の手引き )[PDFファイル/743KB]

◆申し出様式ダウンロード   寄附申出書 [Wordファイル/29KB]

                    寄附申出書 [PDFファイル/54KB]

寄付の流れ

相談(担当)窓口について

 村上市生涯学習課 スポーツ推進室 電話0254-53-2446  E-mail sports@city.murakami.lg.jp
  (村上市生涯学習センター:マナボーテ村上)

 村上市政策推進課 企画政策室    電話0254‐53-2111(内線531) E-mail seisaku-m@city.murakami.lg.jp

関連リンク

内閣府地方創生推進事務局(企業版ふるさと納税ポータルサイト)

企業版ふるさとチョイス

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)