ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

三面川 鮭の稚魚放流式

記事ID:0035613 更新日:2018年4月27日更新 印刷ページ表示

朝日地区の下中島ディキャンプ場で鮭の稚魚放流式が行われました。
この日は舘腰保育園、高南保育園、猿沢保育園の3つの保育園が参加しました。この日準備された稚魚は30万匹で、園児たちはそれぞれ、バケツに入った稚魚を三面川に放しました。

説明の様子

高南保育園の年長児「鈴木 澪乃(すずき れの)」さんに感想を聞くと「稚魚を放流したのは楽しかった、大きくなって帰ってきたらいいと思った」と話してくれました。

放流の様子

三面川鮭産漁業協同組合の佐藤理事から、放流しても元の川に帰ってくる鮭は200匹に1匹との話を聞いて、子どもたちはまた戻ってくることを願い、泳いでいく稚魚に向かって手を振っていました。(取材:富樫)

場所

下中島デイキャンプ場

日にち

平成30年4月17日(火曜日)