ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 広報・ホームページ > 広報日記 > 平成30年度のできごと > 7月のできごと > 歴史・文化が感じられる町並みを未来へ~村上市歴史的風致形成建造物指定書交付式~

本文

歴史・文化が感じられる町並みを未来へ~村上市歴史的風致形成建造物指定書交付式~

記事ID:0037431 更新日:2018年7月17日更新 印刷ページ表示

平成28年10月に認定を受けた歴史的風致維持向上計画に基づき、「九重園」「宮尾酒造」「吉川酒舗」「てんや味噌醤油店」の建造物を新たに歴史的風致形成建造物に指定しました。昨年指定された14件と合わせて、市内18の建造物が指定されたことになります。

村上木彫堆朱でできた標識

この制度は、文化財に指定や登録された建造物だけでなく、村上市固有の歴史的風致を形成している建造物を保存し歴史的な町並みを保全していくことを目的としたもので、交付式では、高橋市長が建物の所有者4人に指定書と村上木彫堆朱で作成した標識を贈呈しました。

交付式の様子

今回指定された吉川酒舗の吉川準一さんは「子どものころは新しい家に憧れがありましたが、今はこの建物が江戸時代の職人さんのすばらしい作品と思えるようになりました。これからも大切に守っていきたいです」と話してくれました。(取材:斎藤)

場所

村上市役所

日にち

平成30年7月2日(月曜日)