ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

無病息災、五穀豊穣を祈念

記事ID:0040769 更新日:2019年1月31日更新 印刷ページ表示

小正月に「左義長」や「さいの神」、「どんど焼き」などと地域で呼び名が変わる火祭り行事が、市内各地の町内・集落で行われています。

里本庄集落の「さいの神」では、近年わらがあまり集まらず、以前のように大きく作ることが難しくなっていました。そこで今回はカヤを使い幅を持たせ、中央部分は例年使っている竹ではなく松を使用することで、以前ような大きさに近い仕上がりとなりました。

みんなで記念撮影

わらは勢いよく燃え、参加者はその火であぶった餅やスルメを食べて、今年1年の無病息災と五穀豊穣を祈念しました。(取材:横山)

場所

里本庄

日にち

平成31年1月13日(日曜日)