ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 広報・ホームページ > 広報日記 > 平成30年度のできごと > 1月のできごと > 第10回 立志式~新たな決意を短冊に記す~

本文

第10回 立志式~新たな決意を短冊に記す~

記事ID:0040742 更新日:2019年1月30日更新 印刷ページ表示

1月20日(日曜日)、三の丸記念館で「立志式」が行われました。

これは、昔の成人の儀式「元服」にちなみ15歳(数え年の)を祝う行事で、今回で10回目の開催です。

参加したのは、村上東中学校2年の木村晴香(はるか)さん、佐藤七海(ななみ)さん、村上第一中学校2年の大滝一真(かずま)さん、菅原奏音(かなと)さん。

演武

始めに、小国町青年会による「獅子舞」と、村上古武道截断道会による「截断道演武」が披露されました。

つづいて男子が狩衣(かりぎぬ)、女子が小袿(こうちぎ)という平安時代の貴族の着物を身にまとい、烏帽子(えぼし)を被る儀式を体験し「新たな決意」を短冊に記しました。

新たな決意記す

短冊に「悔いのないよう全力で」と記した佐藤さんは、「今年は中学3年生になるので、部活や行事など悔いのないように全力で取り組んでいきたいです」と話してくれました。(取材:石田)

場所

三の丸記念館

日にち

平成31年1月20日(日曜日)