ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 広報・ホームページ > 広報日記 > 平成30年度のできごと > 2月のできごと > 村上の食の未来を考えよう~食のおもてなし講座~

本文

村上の食の未来を考えよう~食のおもてなし講座~

記事ID:0041478 更新日:2019年3月13日更新 印刷ページ表示

平成31年2月21日(木曜日)、村上市民ふれあいセンターで『むらかみ「食のみらい」創造協議会』が主催する「食のおもてなし講座」が行われ、約150人が参加しました。

この協議会は市や農業協同組合、漁業協同組合、商工会議所など16団体で構成され、村上市の食を中心として地域活性化を目指している団体です。

パネルディスカッション

講座の第一部では、全国各地で食による地域活性化などの活動に取り組んでいる株式会社自遊人代表取締役の岩佐十良(とおる)さんをコーディネーターに、市内の生産者など4人をパネラーとして、「食」をテーマにパネルディスカッションが行われました。

桃川農園の焼きいもはとても甘くて大人気でした

第二部では、村上の食材と生産者を知ってもらうことを目的に16のブースで試食を交えて参加者と生産者の情報交換会が行われました。
市内から参加した女性は「村上の食材のすばらしさを知ることができました。生産者の顔が見えてとても良かったです」と話していました。 (取材:石田)

場所

村上市民ふれあいセンター

日にち

平成31年2月21日(木曜日)