ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市民栄誉賞の盾を贈呈

記事ID:0041479 更新日:2019年3月15日更新 印刷ページ表示

平成30年4月に村上市市民栄誉賞第1号となった平野歩夢さん。

このたび、その市民栄誉賞の盾ができあがり、平成31年2月28日、市長から平野歩夢さんの父平野英功さんに手渡されました。

堆朱組合、市議会議長、副議長も駆け付けた

この盾は当市の誇る伝統的工芸品「村上木彫堆朱」でできており、高さ30センチ、幅20センチ、重さは905グラム。上部が市の地形をかたどったもので、中部の漆黒部分が笹川流れの雄獅子(おしし)岩が描かれ、下部は市の花のハマナスがデザインされています。

右が平野英功さん

 英功さんは「地元の伝統文化を感じるオーラや輝きがあり、すばらしい一品です。将来、記念館のようなところに飾って村上木彫堆朱もPRしたいです」と話していました。 (取材:石田)

場所

村上市役所

日にち

平成31年2月28日(木曜日)