ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 広報・ホームページ > 広報日記 > 平成30年度のできごと > 3月のできごと > 乗り降りしやすくなった「あべっ車」が運行開始

本文

乗り降りしやすくなった「あべっ車」が運行開始

記事ID:0041533 更新日:2019年3月20日更新 印刷ページ表示

市の観光キャラクター「サケリン」がデザインされて新しくなった、まちなか循環バス「あべっ車」の出発式が行われました。

 ニューあべっ車

新しい車両は、33人乗りで乗降口のスライド扉の間口も広く、扉が開くとステップが上下する機能があり、乗り降りしやすくなりました。車いす用の着脱式スロープも設置されており、車いすの方も安心して乗車できます。

出発式でのテープカットの様子

高橋市長は「町中をやさしく走るバスとなっています。市民の皆さんや観光客の方の足となって活躍してほしい」とあいさつ。4月3日(水曜日)までの「町屋の人形さま巡り」期間中は日曜日・祝日も運行していますので、ぜひご利用ください。(取材:斎藤)

場所

新潟交通観光バス株式会社 村上営業所前

日にち

平成31年3月1日(金曜日)