ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 広報・ホームページ > 広報日記 > 平成31年度、令和元年度のできごと > 4月のできごと > 雨の音が消えるほどの大きな声で校歌を合唱~朝日さくら小学校開校式典~

本文

雨の音が消えるほどの大きな声で校歌を合唱~朝日さくら小学校開校式典~

記事ID:0042899 更新日:2019年5月26日更新 印刷ページ表示

「塩野町小学校」と「猿沢小学校」が統合し開校した「朝日さくら小学校」で開校式典が開催されました。

外の雨の音が消えるほどの大きな声で校歌を合唱

教育目標に「みらいに はばたく さくらの子 おもいあい まなびあい きたえあい」を掲げ、新しくスタートした朝日さくら小学校。式典の最後には、新しい校歌を作曲した大滝雄志(おおたきゆうし)さんの指揮のもと、全校児童は外の雨の音が消えるほどの大きな声で校歌を合唱。子どもたちの元気な歌声が体育館中に響き渡りました。(取材:木村)

場所

朝日さくら小学校

日にち

平成31年4月26日(金曜日)