ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第33回 大須戸能「薪能(たきぎのう)」

記事ID:0044889 更新日:2019年9月6日更新 印刷ページ表示

今年は猛暑の影響のため、会場を変更して行われた大須戸能「薪能」。はじめに公演された舞囃子(まいばやし)「猩々(しょうじょう)」では、幽玄の舞で観客を魅了し、次の狂言「蟹山伏(かにやまぶし)」は蟹の精に耳を挟まれる様子で笑いを誘い、最後の能「烏帽子折(えぼしおり)」では、迫力のある攻防が舞台で繰り広げられました。

烏帽子折での迫力ある攻防

観賞した人は、伝統ある大須戸能の優雅な舞を堪能しました。(取材:木村)

場所

総合文化会館

日にち

令和元年8月15日(木曜日)