ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 広報・ホームページ > 広報日記 > 平成31年度、令和元年度のできごと > 9月のできごと > 見て、知って、感じて、一緒につなごう救命の輪~第3回 むらかみ救急フェスタ~

本文

見て、知って、感じて、一緒につなごう救命の輪~第3回 むらかみ救急フェスタ~

記事ID:0045406 更新日:2019年9月30日更新 印刷ページ表示

9月9日の救急の日にちなんだイベント「むらかみ救急フェスタ」が開催されました。救急の日は、救急業務や救急医療に対しての理解と認識を高めるため、昭和57年に定められたものです。

救急車のなかを見学する来場者

3回目の開催となった今年は、村上プラザの駐車場で救急車乗車体験、セントラルコートではスタンプラリー形式の応急手当体験や消防士の制服着用コーナー、救急隊による救急現場活動のデモンストレーションなどが行われ、家族連れなどでにぎわいました。

救急隊現場活動デモンストレーション

救急車の中で興味津々に隊員の話を聞いていた、小学1年生の航太(こうた)くんと2年生の美杏(みあん)ちゃんは「今日は楽しかったです。大きくなったら消防士になりたいです」と話してくれました。(取材:斎藤)

場所

村上プラザ 1階セントラルコート、駐車場

日にち

令和元年9月8日(日曜日)