ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

日本の文化「だし」を飲み比べ

記事ID:0046455 更新日:2019年12月4日更新 印刷ページ表示

神林地区文化祭で、食生活改善推進委員協議会の皆さんが、健康食の試食の提供と展示コーナーで減塩についての普及活動を行いました。

だしを飲んでいる様子

9月から村上市のALTで勤務しているキンバリーさん(写真右から3番目)が、昆布と鰹節で取った天然だしと市販の顆粒だしの飲み比べを体験。含まれている塩分の量の違いに、驚いていました。(取材:横山)
※天然だし100ml中に0.1gの塩、この日使用した市販の顆粒だしは100ml中に0.4gの塩が含まれていました

場所

神林農村環境改善センター

日にち

令和元年11月3日(日曜日・祝日)