ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

古式衣装で大人になる誓い

記事ID:0047504 更新日:2020年2月19日更新 印刷ページ表示

昔の成人式である元服にちなみ、村上東・村上第一中学校2年生の生徒2人ずつが参加し「立志式(元服式)」が行われました。

立志式の様子

元服は、11~14歳に達した成人の儀式として平安時代の公家社会で始まり、村上では江戸時代半ばから町人の各家庭でも広がり行われていたものです。

短冊に書く様子

古式ゆかしい衣装を身にまとい、烏帽子を被り儀式に臨んだ本間玲さん(村上第一中学校2年生)は「奮励努力」と短冊にしたため、「何事にも向上心を持ち、目標に向かって努力したい」と、大人としての決意を披露しました。(取材:遠山)

場所

三の丸記念館

日にち

令和2年1月19日(日曜日)