ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

それぞれの思いを胸に一歩ずつ

記事ID:0052871 更新日:2020年8月4日更新 印刷ページ表示

山形県沖を震源とする地震から1年となった6月18日、被害の大きかった山北地区でウオーキングイベントが開催されました。NPO法人さんぽくスポーツ協会がさらなる復興を願って企画したもので、新型コロナウイルスの感染拡大以降では、山北地区で初めてのスポーツイベントとなりました。
地震発生日にちなみ、参加者はウオーキングなどで合計距離61.8キロメートルを目指して実施。参加者127人の移動距離を合算すると490キロメートルを超えました。

笑顔で歩く参加者の様子

親子連れで参加した30歳代男性は、「久しぶりにこのようなイベントに参加でき、とても気持ちが良かった」と笑顔を見せていました。(取材:増子)

場所

山北地域

日にち

令和2年6月18日(木曜日)