ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

誰でも気軽に寄れる居場所を作りたい

記事ID:0054787 更新日:2020年10月26日更新 印刷ページ表示

フードバンクさんぽくでは、府屋集落で以前、駄菓子屋を営んでいた空き家を改修して、地域の居場所「こかげ」をオープンしました。中には、椅子、テーブル、黒板などが設置されているほか、駄菓子屋スペースもあり、どこか懐かしい空間となっています。子どもから大人まで誰でも利用できる地域の居場所として、また、フードバンクさんぽくの活動拠点などとしても活用していくそうです。

こかげ内の様子

代表の工藤さんは、「誰でも気軽に立ち寄れ、おしゃべりしたり、本を読んだり、バスの待ち時間を過ごしたりできる場所になれば」と語っていました。(取材:増子)

場所

府屋集落

日にち

令和2年9月15日(火曜日)