ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

多分野で官学が連携した取り組みへ

記事ID:0056620 更新日:2021年2月3日更新 印刷ページ表示

市と新潟食料農業大学は、食や農業を通した地域活性化や人材育成などに関し、相互に連携・協力した取り組みを行うこととして、包括連携協定を締結しました。市の基幹産業である農林水産業については、担い手不足や高齢化、他産地との差別化など、さまざまな課題を抱えています。そうした中で、食料産業を総合的に学ぶことのできる新潟食料農業大学と連携しながら、課題解決や人材育成、新たなチャレンジなどに協力して取り組み、更なる地域の活性化を進めることとしています。

協定書を交わした渡辺学長と高橋市長

渡辺学長は「村上市は歴史風土、食文化など豊かな宝を持っている。山・川・海がそろった絶好のフィールドで、地域の発展に力を尽くしたい」と話しました。(取材:遠山)

場所

村上市役所

日にち

令和2年12月18日(金曜日)