ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 村上市議会 > 議会の情報 > 議会の活動 > 議会の活動 - 会議等(平成26年度)

議会の活動 - 会議等(平成26年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月21日更新

「核兵器のない世界を」の署名をすすめる会要望

 「核兵器のない世界を」の署名をすすめる会要望

[日時]平成27年1月20日(火曜日)

[場所]議長室

[出席者]議長

[概要]「核兵器のない世界を」の署名をすすめる会の皆さんが議長を訪問し、2010年に引き続き実施する署名活動への協力を要望しました。議長からは平成21年6月の「村上市非核平和都市宣言に関する決議」に基づき、前回に引き続きしっかりと協力することを伝えました。

福井県鯖江市市制60周年記念式典

オープニング合唱「祝賀行進曲」 オープニングマリンバとフルートセッション 鯖江市無形民俗文化財「やんしき踊り-伝助-」

牧野百男鯖江市長(6代)の式辞

[日時]平成27年1月15日(木曜日)

[場所]福井県鯖江市文化センター

[出席者]議長

[概要]姉妹都市鯖江市(福井県)の市制60周年記念式典へ出席しました。式典では、国歌独唱、市民憲章の唱和に引続いて牧野市長の式辞があり、「市民でつくる世界のSABAE」を合言葉に、次の10年を市民とともに創りあげていきたいとの力強い決意が述べられました。その後、市政功労者(自治・産業・民生・教育文化)および市民文化賞を受賞した方々の表彰が行われ、市政60周年記念功労者として自治・社会福祉・産業・民生・教育文化に功労のあった方々、教育文化功労のあった方々、スポーツ栄光賞を受賞された方々の表彰がそれぞれ行われました。

「鯖江の食を楽しむ会」

式典終了後、嚮陽会館(きょうようかいかん)で開催された「鯖江の食を楽しむ会」に参加し、鯖江市の各団体が地元の食材を使って調理したお料理を披露する会合に出席し、鯖江市民の皆様との交流を深めてきました。

あらかわ保育園保護者会・金屋保育園父母の会議長要望

病児保育実施に関する要望書受け取る板垣議長   

[日時]平成26年11月27日(木曜日)

[場所]議長室

[出席者]議長

[概要]あらかわ保育園保護者会、金屋保育園父母の会から医療機関併設型の病児保育施設を県立坂町病院内に整備していただきたいといった内容の要望活動がありました。板垣議長からは、人口減少問題対策、また子育て支援の観点からも議会で十分調査研究させていただくと回答しました。

村上市内4商工会議長要望

市内4商工会の会長による議長・経済建設常任委員会委員長に対する要望   

[日時]平成26年11月27日(木曜日)

[場所]議長室

[出席者]議長・経済建設常任委員会委員長

[概要]市内4商工会の会長が議長・経済建設常任委員会委員長を訪問し、商工会の公益性に配慮し平成27年度の予算編成にあたって4商工会に対する事業費補助金を確保されるよう要望がありました。

東北日本海沿岸市町村議会協議会中央要望

  局次長への要望 鉄道局  次長への要望 御法川財務副大臣への要望 棚橋自由民主党幹事長代理への要望

[日時]平成26年10月16日(木曜日)

[場所]自由民主党本部・衆参議員会館

[出席者]議長

[概要]新潟・山形・秋田3県で組織する東北日本海沿岸市町村議会協議会では、「日本海沿岸東北自動車道の早期整備促進」と「羽越本線高速化促進」について政府、与党並びに関係国会議員に対して要望活動を行いました。

羽越本線高速化シンポジウム

シンポジウムの開会であいさつする  市長    氏による記念講演 平田関川村長、  氏、   氏によるパネルディスカッション 

[日時]平成26年10月15日(水曜日)

[場所]東京第一ホテル鶴岡(山形県鶴岡市)

[出席者]議長

[概要]新潟、山形、秋田3県で組織する羽越本線高速化促進協議会の平成26年度シンポジウムが開催され、東北芸術工科大学教授 中山 ダイスケ氏による記念講演、関川村長 平田大六氏、とびしま漁村文化研究会代表 岸本誠司氏、鉄道カメラマン・コラムニスト 佐藤和博氏によるパネルディスカッションが行われ羽越本線の魅力や魅力発信のための施策などについて活発に議論が交わされました。

議長に対する農業委員会の建議

平成26年度の建議を板垣議長に手交する石山会長   

[日時]平成26年10月10日(金曜日)

[場所]議長室

[出席者]議長

[概要]石山農業委員会会長ほか農業委員会委員の皆さんが議長を訪問し、農政施策の振興整備についての建議を行いました。板垣議長からは建議の趣旨を踏まえ、議会としても農政施策の振興についてしっかりと取り組むと回答しました。

荒川地区敬老会

大滝市長のお祝いのご挨拶   

[日時]平成26年10月9日(木曜日)

[場所]荒川地区公民館

[出席者]議長

[概要]永年にわたり社会に貢献された方々への敬意と長寿への祝福の意を表して荒川地区敬老会が開催され、議会からは議長が出席し、ご祝辞を申し上げました。

第14回新潟県市聴覚障害者大会

五十嵐村上市ろうあ協会会長の歓迎のあいさつ   

[日時]平成26年9月6日(土曜日)・7日(日曜日)

[場所]村上市生涯学習推進センター・村上市教育情報センター

[出席者]議長

[概要]6日に開催された聴覚障害者問題研修費分科会に引き続き7日には新潟県聴覚障害者大会が開催され、障害者権利条約の批准について大会宣言を採択し、手話言語法および情報・コミュニケーション法制定を求めるなど聴覚障がい者の権利保障や社会参加のための環境の整備を目指した大会決議を採択し、その後開催された記念講演では「あの時を忘れない3.11~復興までの道のり~」と題して菅原信哉氏(一般社団法人宮城県聴覚障害者協会副会長)の自らの体験に基づくお話がありました。

第43回村上地域朝日地区老人クラブ大会

小田会長が老人クラブ功労者を表彰 村上市水難救助隊長 本間錦一氏の講演 板垣議長の音頭で万歳三唱 

[日時]平成26年9月5日(金曜日)

[場所]村上市総合文化会館

[出席者]議長

[概要]村上地域老人クラブ連合会朝日地区協議会長の開会のあいさつに引き続き老人クラブ功労者の表彰、金婚夫婦、プラス5人作戦で功労のあった老人クラブへの慶祝が行われ、皆さんでお祝いしました。

その後、奉仕活動を推進して明るい地域づくりへの貢献、健康づくり・介護予防運動と友愛活動の推進、「プラス5人活動」と女性会員の参加促進、一人暮らし高齢者の見守り支えあいの実践について大会宣言を採択し、講演会では「水難救助の体験談と後期高齢者の健康管理について」と題して村上市水難救助隊長本間錦一氏による軽妙なお話で会場は終始和やかな雰囲気に包まれていました。

プログラムの最後では板垣村上市議会議長の音頭で参加者全員による万歳三唱を行い、健康で健やかな生活をお祝いしました。

新潟県市議会議長会秋季定期総会

  丸山会長(長岡市議会議長)のあいさつ 花積副知事の県施策の実施状況説明

[日時]平成26年8月26日(火曜日)

[場所]ロイヤル胎内パークホテル

[出席者]副議長

[概要]平成26年度の新潟県市議会議長会秋季定期大会が、胎内市で開催されました。総会では、来賓で出席された花積副知事から県の施策の実施状況などについてお話がありました。その後開催された議事では提案された議案すべてが了承されました。

平成26年度村上市成人式

新成人による開式のことば(平成26年度村上市成人式) 市民憲章唱和(平成26年度村上市成人式) 新成人による誓いの言葉(平成26年度村上市成人式)

[日時]平成26年8月15日(金曜日)

[場所]村上市民ふれあいセンター

[出席者]副議長・議員

[概要]平成26年度の村上市成人式が、新成人592名が出席して開催されました。式典では記念品贈呈や新成人からの誓いの言葉があり、その後は中学校区ごとの記念撮影や地元農産業のPRブース、新成人で組織する実行委員会による卒業アルバム等写真のスライドショーなどが行われ、出席した皆さんで新成人の二十歳をお祝いしました。

東北日本海沿岸市町村議会協議会総会

東北日本海沿岸市町村議会協議会総会 講演会「道の信仰」(講師:NPO

[日時]平成26年8月4日(月曜日)

[場所]秋田県にかほ市

[出席者]副議長

[概要]平成26年度の東北日本海沿岸市町村議会協議会の総会が、秋田県にかほ市で開催れました。総会では秋田県、山形県、新潟県の各県代表市議会から平成25年度の事業実施状況などの報告に引き続き、平成26年度の事業計画並びに要望書(案)などについて審議し、全議案について了承したのち、総会に出席していた国会議員並びに関係機関の長に対して要望活動を行いました。

総会終了後開催された講演会では、「道の信仰」と題してNPO日本民族経済学会理事 齊藤壽胤氏から、これまでの歴史において「道」の果たしてきた重要な役割について、その土地に伝わる様々な風土や風習などに色濃く残る事例を題材に、示唆に富んだお話をお聞きしました。

次期開催地の村上市議会副議長から次期開催地のあいさつ

役員改選では、平成26年度会長市を秋田県にかほ市に、副会長市を新潟県村上市とすることで決定し、併せて平成27年度に開催する総会の開催地を新潟県村上市とすることとして決定しました。

東北日本海沿岸市町村協議会役員会

総会に先立って開催された役員会では、会長である鶴岡市議会議長の進行で総会提案議題および役員の改選、各市町村議会の取り組みなどについて審議され、予定した議題のすべてを了承しました。

中原八一国土交通大臣政務官新潟県北地域視察

[日時]平成26年7月31日(木曜日)

[場所]新潟県北地域(国道113号・荒川河口・日本海沿岸東北自動車道など)

[出席者]副議長

[概要]中原国土交通大臣政務官が113号鷹巣道路、日本海沿岸東北自動車道朝日まほろばIC先線などを地元首長と視察しました。

議会からは議長の代理として副議長が政務官の視察に同行し、地元要望を伝えるなどしました。

一般国道290号新発田・村上間改良促進期成同盟会総会

[日時]平成26年7月30日(水曜日)

[場所]新潟県岩船郡関川村

[出席者]副議長

[概要]平成26年度の一般国道290号新発田・村上間改良促進期成同盟会の総会が、関川村で開催され、議長の代理として副議長が出席しました。

第26回日本海沿岸東北自動車道新潟・山形県境地区建設促進大会

[日時]平成26年7月24日(木曜日)

[場所]温海ふれあいセンター(山形県鶴岡市)

[出席者]副議長・経済建設常任委員会委員長・議員

[概要]第26回目を迎える日本海沿岸東北自動車道新潟・山形県境地区建設促進大会が、山形県鶴岡市の温海ふれあいセンターで開催され、議長の代理として副議長、並びに経済建設常任委員会委員長のほか議員が出席しました。

村上・岩船地域医療懇談会総会

[日時]平成26年7月23日(水曜日)

[場所]クリエート村上

[出席者]副議長・市民厚生常任委員会委員長

[概要]平成26年度の村上・岩船地域医療懇談会総会が開催され、議長の代理として副議長、懇談会の委員として市民厚生常任委員会委員長が総会に出席しました。

林道岩船東部線(仮称)開設事業検討委員会

[日時]平成26年7月17日(木曜日)

[場所]村上地域振興局

[出席者]経済建設常任委員会委員長

[概要]第1回目の林道岩船東部線(仮称)開設事業検討委員会が村上地域振興局を会場に開催され、検討委員会の委員として経済建設常任委員会委員長が会議に出席しました。

県立坂町病院活性化協議会総会

[日時]平成26年7月4日(金曜日)

[場所]荒川地区公民館大ホール

[出席者]議長・市民厚生常任委員会委員長

[概要]平成26年度の県立坂町病院活性化協議会総会が荒川地区公民館を会場に開催されました。

米坂線整備促進期成同盟会総会

[日時]平成26年7月3日(木曜日)

[場所]新潟県岩船郡関川村村民会館大ホール

[出席者]議長

[概要]平成26年度の米坂線整備促進期成同盟会総会が関川村村民会館を会場に開催されました。

学校法人北都健勝学園新潟看護医療専門学校村上校(仮称)校舎新築工事起工式

新潟看護医療専門学校(村上校)校舎新築工事起工式 新潟看護専門学校(村上校)新築工事現場(全景)

[日時]平成26年7月2日(水曜日)

[場所]市内八日市地内

[出席者]議長・議員

[概要]北都健勝学園が建設を予定する「が開催され、多数の関係者による地鎮祭が執り行われ、議長のほか多数の議員が出席し工事の安全祈願を行いました。

2014原水爆禁止国民平和大行進新潟県実行委員会訪問

2014原水爆禁止国民平和大行進新潟県実行委員会の皆さん

[日時]平成26年6月17日(火曜日)

[場所]市役所4階議長室

[出席者]議長・副議長

[概要]2014原水爆禁止国民平和大行進新潟県実行委員会の皆さんが議長・副議長を訪問し、本年5月から8月にかけて全国11コースで行う「原水爆禁止国民大行進」への支援と「原水爆禁止2014世界大会」への支援の要請を行いました。

村上市議会では、賛同のペナントへの署名を議長が行ったほか、「核兵器全面禁止のアピール」に署名を行い、平成21年当市議会の決議(「村上市非核平和都市宣言に関する決議」H21.6.25決議)の「私たち村上市民は、戦争の惨禍を二度と繰り返すことのない社会と人類の恒久平和を一日も早く実現するために、世界平和を願う全ての国の人々と手を携えることを誓い、ここに村上市を「非核平和都市」とすることを宣言します。」とした趣旨に基づき議会としても世界平和への取り組みを推進することを表明しました。

平成26年度 荒川水防訓練

平成26年度荒川水防訓練開会式 開会式で整列する各消防団のほか総勢588名の訓練員 訓練本部会長(羽越河川国道事務所長)開会のあいさつ

鋼製月の輪工を視察 (手前)木流し工 (奥)改良シート張り工 大型土のう工視察

[日時]平成26年6月15日(日曜日)

[場所]岩船郡関川村辰田新地先(荒川左岸小見橋下流河川敷)

[出席者]議長

[概要]平成26年度の荒川水防訓練が関川村で開催されました。当日は村上市、胎内市および関川村の各消防団、国土交通省羽越河川国道事務所ならびに新潟県村上地域振興局地域整備部で構成する「水防訓練員」、新発田地域広域事務組合消防本部の「救助訓練員」、神林地区赤十字奉仕団の「炊き出し訓練員」の総勢588名による水防訓練が実施されました。

実際の訓練では、水防基礎訓練(縄の結び方・杭拵え・土のう)、炊き出し訓練、水防技術訓練(木流し・水のう・シート張り・鋼製シート張り・月の輪・鋼製月の輪・積土のう・立籠工・改良シート張り・大型土のう工)、救助訓練(川の中州に取り残された要救助者の救出)などの技術訓練が行われ、各訓練員が日ごろの訓練の成果を発揮し、整然と活動を行いました。

日本海沿岸東北自動車道建設促進新潟地区期成同盟会総会

日本海沿岸東北自動車道建設促進新潟地区期成同盟会総会

[日時]平成26年6月6日(金曜日)

[場所]村上市総合文化会館

[出席者]議長

[概要]平成25年度の事業報告および収支決算、平成26年度の事業計画(案)および収支予算(案)が提案され、すべての議案を承認、可決しました。また、平成26年4月1日から平成28年3月31日までの任期となる役員の改選が提案され、引き続き大滝村上市長を会長とする役員体制が承認されました。

期成同盟会の総会にあわせて開催された「日本海沿岸東北自動車道に関する報告会」では、国土交通省北陸地方整備局新潟国道事務所近藤所長、並びに国土交通省北陸地方整備局羽越河川国道事務所清水所長から日本海沿岸東北自動車道の整備状況などについて事業報告がありました。

近藤新潟国道事務所長からは「日本海沿岸東北自動車道の現況と整備により期待される効果」、「平成25年度の実施内容及び平成26年度の実施予定」について、清水羽越河川国道事務所長からは「日本海沿岸東北自動車道の管理(荒川胎内IC~朝日まほろばIC)」について事業報告があり、参加者との意見交換が行われました。

JAにいがた岩船・JAかみはやし緊急要望

JAにいがた岩船・JAかみはやしの議長要望

[日時]平成26年6月5日(木曜日)

[場所]村上市市役所4階議長室

[出席者]議長・副議長

[概要]JAにいがた岩船・JAかみはやしでは、このたびの政府の規制改革会議が示した「農業改革に関する意見」に対して、緊急に全国のJA組合長・会長会議を開催し、「農業の改革は、JA・連合会・中央会が一体となって、自らの組織・事業の改革・革新に果敢に取り組む」ことが農業協同組合組織の本意であり、政府の規制改革会議が示した意見では、到底改革を実現できないといった趣旨の決議を6月2日採択し、市議会としてもこれに対する支援をいただきたい旨、両JAの代表理事組合長のほか役員の皆さんが議長・副議長に対して要望を行いました。

議長・副議長からは、中山間地域を多く抱える当市の状況を踏まえ、今後の政府の動向について注意深く関心を向けながら、市議会としても適宜、適切に対応することとしたいと回答しました。

第123回全国過疎地域自立促進連盟理事会

全国過疎地域自立促進連盟溝口会長あいさつ 総務省大臣官房関官房地域力創造審議官あいさつ

[日時]平成26年6月4日(水曜日)

[場所]東京都(ルポール麹町)

[出席者]議長

[概要]平成25年度の事業報告および決算、連盟規約の一部改正、平成27年度の過疎対策関係政府予算・施策に関する要望、これに基づく要請活動の方法などについて提案があり、すべての議案を承認・決定し、理事会を閉会したのち、会長のほか副会長などの役員が直ちに関係国会議員に対して要請活動を実施しました。

理事会の冒頭、溝口会長(島根県知事)からこのたびの過疎地域自立促進特別措置法の一部改正に伴い、22の市町村が新たに連盟に加入し、797団体となったこと、過疎債を充当できる事業が大幅に拡充され、過疎債の予算額についても大幅に増額されるなど、所要の成果を挙げたが、対象事業の拡大に伴い、さらに過疎債の枠の拡大に努めていく必要性について発言がありました。

来賓として出席された総務省大臣官房、関官房地域力創造審議官からは、25年度は過疎地域自立促進特別措置法の改正に力をそそぎ、一定の成果を挙げることができたので、26年度はその成果をいかんなく発揮する年度となる。人口の減少が今や国全体としての大きな課題となっているが、何もしなければ減少していくということであって、手をこまねいているだけでなく積極的に対策を講じ、地域おこし協力隊のように大都市圏から地方に人が流れるような視点で各自治体が知恵を絞って事業に取り組んでいただき、国としてもしっかりとお手伝いしていくこととしているといった趣旨の発言がありました。

第90回全国市議会議長会定期総会

第90回全国市議会議長会佐藤会長(横浜市議会議長)あいさつ 内閣官房副長官の祝辞

[日時]平成26年5月28日(水曜日)

[場所]東京都(日比谷公会堂)

[出席者]議長

[概要]開会にあたり来賓からの祝辞があり、内閣総理大臣代理で出席された杉田内閣官房副長官からは、安倍政権では「地方の元気なくして国の発展はない。」といった信念のもと、元気な地方の実現に向けてさらに取り組みを進める。加えて、人口減少社会への対応にもしっかりと取り組むこととしているといった趣旨でのあいさつがありました。

伊吹衆議院議長からは、国は国会が内閣総理大臣を選ぶが、地方は二元代表制。議会としても、地方が主体的な地域づくりを進めるための制度の充実を図るよう努めていただき、国会としてもそれを支援する旨のあいさつがありました。

伊藤総務大臣政務官からは、地域を元気にして日本を再生するとともに、持続可能な社会の実現を図るため、各種施策に取り組むこととしていること、また、特に人口減少問題については、喫緊の課題としてとらえ、効果的な施策の展開を図ることとしている旨のあいさつがありました。

その後、新たに市制を施行した岩手県滝沢市の黒沢議長からあいさつがあり、全国市議会議長会を組織する議会が813団体となった旨の報告がありました。引き続き表彰式では、正副議長8年以上、議員50年以上で表彰を受けた方1名を含む議員20年以上の特別表彰373名、正副議長4年以上、議員10年以上の一般表彰2,233名の代表者に対して、表彰状が伝達されました。

会議では、一般事務及び会計の報告に引き続き各委員会からの活動状況についての報告があり、各部会から提出のあった議案および会長提出議案の審査が行われ、すべて原案どおり可決しました。また、役員の改選についても原案どおり可決され、予定されたすべての日程を終えました。

第43回全国温泉所在都市議会議長協議会総会

総会であいさつする高橋会長(熱海市議会議長) 全国温泉所在都市議会議長協議会総会 全国温泉所在都市議会議長協議会役員会

[日時]平成26年5月27日(火曜日)

[場所]東京都(全国都市会館)

[出席者]議長

[概要]総会の開会に先立ち開催された役員会では、総会の運営について協議を行ったほか、全国温泉所在都市議会議長協議会で実施した「ホテル・旅館など建築物の耐震化の促進に関する意見書」の採択状況について報告があり、加盟する88市議会のうち、69市議会において意見書の提出を行ったことが報告された。

引き続き開催された総会の冒頭、新たに全国温泉所在都市議会議長協議会に加盟した「御殿場市」の山崎議長からごあいさつがあり、御殿場市の加盟により全国温泉所在都市議会議長協議会の加盟市議会は89団体となったことが報告されました。

総会の会議では、会務報告のほか、平成25年度決算、平成26年度の負担金、会計予算及び運動方針について提案され、すべての議案について原案可決のとおり認定、可決しました。その後、役員の改選について提案があり、原案可決のとおり選任しました。

新潟県特別豪雪地帯市町村議会協議会総会

新潟県特別豪雪地帯市町村議会協議会佐藤会長(上越市議会議長)あいさつ 新潟県特別豪雪地帯市町村議会協議会総会

[日時]平成26年5月23日(金曜日)

[場所]上越市

[出席者]議長

[概要]理事会に引き続き開催された総会で、平成25年度の事業報告および決算の認定、また、平成26年度の事業計画および予算について提案があり、すべての議案について提案のとおり認定、可決しました。また、平成26年度の国県要望については、7月に開催される新潟県特別豪雪地帯市町村協議会(市町村長で組織)と連名で要望することとし決定しました。

「県立坂町病院の活性化に関する決議」による要請活動

    新潟医師学総合病院鈴木病院長に3市村議会で要望

[日時]平成26年5月13日(火曜日)

[場所]新潟県庁・新潟県議会・新潟大学医歯学総合病院・新潟大学医学部

[出席者]議長、副議長、市民厚生常任委員会委員

[概要]村上市議会、胎内市議会および関川村議会では、今年3月定例会でそれぞれ「県立坂町病院の活性化に関する決議」を全会一致で議決したこと受け、新潟県知事をはじめ、新潟県議会議長、新潟大学医学部長並びに新潟大学医師学総合病院長に対して要望活動を実施しました。

当日は、池田副知事から「県全体のバランスを考慮しながらしっかりと対応していきたい。」と発言があり、中野県議会議長からは「地元選出の議員さん方としっかりと連携しながら対応していく。」といった発言があり、3議会としても、今後、県立坂町病院活性化協議会と連携しながら、地域医療の体制整備の充実のため、取り組むこととしました。

村上市サッカー協会陳情

村上市サッカー協会の陳情を受ける板垣議長

[日時]平成26年5月8日(木曜日)

[場所]議長室

[出席者]議長

[概要]村上市サッカー協会から、子どもから中高年までの多くの市民が楽しめる人工芝グランドを市内に建設していただきたいという趣旨での要望が議長にありました。議長からは、市長部局ともよく協議しながら議会としても検討する旨の回答を行いました。

北信越市議会議長会定期総会

第89回北信越市議会議長会定期総会

[日時]平成26年4月24日(木曜日)

[場所]福井県福井市

[出席者]議長・副議長

[概要]会長(福井市議会議長)のあいさつ、福井市長の歓迎のあいさつに引続き、福井県知事、福井県議会議長並びに全国市議会議長会長(代理あわら市議会議長)等による来賓のあいさつののち、地方自治に貢献のあった192名の方々に対する表彰が行われました。

会議では、平成25年度の会務報告および平成25年度の各会計の決算報告が提案され、すべて承認されました。議案審査では、会長提案の平成26年度各会計予算および各県市議会議長会提案の18議案のすべてが可決され、各県市議会議長会提案18議案のうち、全国市議会議長会へ提案する3議案および予備の1議案の決定については、会長に一任し議案審査を終えました。

役員の改選では、会長に福井県福井市、副会長に新潟県長岡市を選任したほか、理事、評議員および監事の選任を行い、新潟県新潟市を相談役として選任し、次回定期総会(平成27年度)開催市を新潟県長岡市に決定し、会議を終えました。

三面川鮭稚魚放流式

市内5つの小学校の児童と約5万匹のサケの稚魚を放流 鮭の豊漁を祈念して執り行われた神事 サケの稚魚放流式にあたって泉田新潟県知事の祝辞

[日時]平成26年4月9日(水曜日)

[場所]三面川川右岸

[出席者]新潟県知事・斎藤洋明衆議院議員・村上市長・村上市議会議長ほか

[概要]恒例のサケの稚魚放流式が、三面川(三面川鮭産漁業協同組合ふ化場前)で行われました。新潟県知事をはじめ関係者が、市内5つの小学校180名の児童とともに春の穏やかな日差しの中、サケの稚魚5万匹を放流しました。

新潟県市議会議長会春季定期総会

平成26年度新潟県市議会議長会春季定期総会 泉田新潟県知事が講演

[日時]平成26年4月3日(木曜日)

[場所]胎内市(胎内ロイヤルパークホテル)

[出席者]議長・副議長

[概要]胎内市を会場に、平成26年度新潟県市議会議長会春季定期総会が開催されました。当日来賓として出席した泉田新潟県知事の講演では、4月の消費税増税による景気の反動減対策として、県では積極的な前倒し施策を行うほか、今年後半には、国が反動減対策を行うと見通した上であらかじめ準備を行うよう関係部局に指示したので、各市でも十分対応するよう発言がありました。定期総会では、会長提案議案の平成25年度新潟県市議会議長会会計歳入歳出決算、平成26年度歳入歳出の審議に続き、各市提案議案14件について審査を行い、すべての議案について、認定、可決されました。その後、新潟県市議会議長会、北信越市議会議長会および全国市議会議長会の役員についてそれぞれ原案どおり選任し、次期定期総会の開催市を「長岡市」に決定し閉会しました。

新潟リハビリテーション大学入学式

 平成26年度新潟リハビリテーション大学入学式

[日時]平成26年4月3日(木曜日)

[場所]村上市民ふれあいセンター

[出席者]議長・市議会議員

[概要] 理学療法学専攻62名、作業療法学専攻39名、言語聴覚学専攻26名、合計127名が、大勢の保護者や地域の関係者が見守る中入学式に臨みました。また、4名が新潟リハビリテーション大学大学院リハビリテーション研究科に入学し、それぞれが新たな決意で次のステップのスタートを切りました。