ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業 > 【新潟労働局】冬季無災害運動推進中

本文

【新潟労働局】冬季無災害運動推進中

記事ID:0063167 更新日:2021年11月22日更新 印刷ページ表示

「冬季無災害運動」のお知らせ

 昨冬においては記録的な豪雪となり、雪による労働災害(休業4日以上)の死傷者数は、327人(前年度比+279人(+581.3%))と、大幅な増加となりました。

 特に転倒災害は243人と、雪による労働災害全体の7割以上を占めており、発生場所では「駐車場」99人(40.7%)と最も多く、通勤時、車の乗降りの際に車周辺で転倒する災害が多発しています。

 また、建設業においては、コンテナハウスに積もった雪を除雪しようと屋根に上がる際、2.6メートル下の地面に墜落する死亡災害など重篤な災害も発生しています。

 さらに、年齢が50歳以上で男女とも発生率が高くなり、特に50歳代・60歳代の発生件数は顕著に多く、転倒すると重症化して休業日数が長期化していることや、最低気温が氷点下2度以下となると一気に転倒災害の発生リスクが高まる傾向がみられます。

 このように年末年始は、繁盛期を迎える中、作業量が増加すると同時に、積雪・凍結といった気象条件やその悪化による交通事情などにより、労働災害の増加が懸念される時期であることを再認識し、職場では余裕を持った行動と冬季特有の労働災害を防止するための配慮が特別に必要になることから、労働災害の減少を図るための「冬季無災害運動」を実施することとします。

リーフレット「冬季無災害運動推進中」 [PDFファイル/551KB]

取組期間

令和3年12月1日(水曜日)~令和4年2月28日(月曜日)

凍結による転倒災害を防ぐために

  • 時間に余裕をもって、急がず、小さな歩幅で歩行しましょう
  • 駐車場棟などは除雪・融雪し、凍結防止剤を散布しましょう
  • 職場の危険マップを作成し、適切な履物を着用しましょう
  • 天気予報に気を配りましょう

  ※新潟労働局では「STOP!転倒災害プロジェクト」を推進しています

問い合わせ

  〒950-8625
  新潟市中央区美咲町1丁目2番1号 新潟美咲合同庁舎2号館3階
  新潟労働局 労働基準部 健康安全課
  電話番号:025-288-3505

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)