ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 健康・医療・福祉 > 健康 > 健診・検診 > 令和4年度人間ドック費用助成について

本文

令和4年度人間ドック費用助成について

記事ID:0052294 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

村上市国民健康保険・後期高齢者医療制度の被保険者の人間ドック費用の一部を助成します。

申し込みが遅くなると希望する月に受診できない場合がありますので、希望する方はお早めに申し込みください。

対象者

以下のすべての条件に該当する人が対象となります。

  • 受診日当日に、村上市国民健康保険に加入している人、または村上市に住民登録があり後期高齢者医療制度に加入している人
  • 令和5年4月1日現在の年齢が40歳以上の人
  • 市が委託する健診機関で人間ドックを受診する人
  • 健診結果を特定健診、特定保健指導のデータとして利用すること、および後期高齢者医療制度の場合は新潟県後期高齢者医療広域連合へ提供することに同意できる人
  • 令和4年度の市の健診を受診していない人

助成額

対象者1人につき 10,000円

  • 受診日に健診機関でお支払いいただく金額は、健診料金から助成額を差し引いた金額となります。
  • この助成と他の助成制度を併用することはできませんので予めご了承ください。
  • 胃部検診で「胃カメラ」を希望する場合、健診機関によっては別途料金がかかる場合があります。
  • 健診料金に含まれないオプションなどは全額自己負担となります。

申し込みから受診(助成)までの流れ

1 所定の申込書に必要事項を記入のうえ、保健医療課または各支所地域福祉室に提出

  • 事前の申し込みが必要です。必ず人間ドック受診前にお申し込みください。
  • 申込書は記入漏れがないようにお願いします。
  • 助成対象となる健診機関は、市が委託する健診機関に限ります。

2 市から「助成決定通知書兼受診券」をお届けします。

  • 「助成決定通知書兼受診券」は人間ドックを受診する際に、健診機関に提出する書類です。

3 希望した健診機関から受診について(受診日など)お知らせが届きます

  • 健診機関によっては事前に電話で連絡が入る場合があります。
  • 郵送によりお知らせが届いた場合は、すぐに開封して受診日などを確認してください。
  • 受診日を変更したい場合は、健診機関に直接お問い合わせください。

4 「国民健康保険証」または「後期高齢者医療被保険者証」と「助成決定通知書兼受診券」を持参して人間ドックを受診

  • 人間ドック受診時には、保険証、助成決定通知書兼受診券、健診料金を忘れずにご持参ください。

委託健診機関と主な検査項目

委託健診機関と主な検査項目 [PDFファイル/185KB]

注意点など

  • 人間ドックの費用助成は、年度内に1回限りです。
  • 人間ドックの費用助成を受ける方は、市が行う健診(集団・個別・施設)を受診することはできません。重複して受診した場合は、人間ドックの助成額を返還していただく場合があります。
  • 人間ドックの受診日までに申し込みがされていない場合、助成の対象とはなりません。必ず人間ドックの受診前にお申し込みください。
  • 市が委託する健診機関のみ助成の対象となります。 
  • 健診の結果、保健指導の対象となった方は保健師の指導を受けていただくことになります。
  • 受診月は申込状況により希望に添えない場合があります。

令和4年度村上市人間ドック費用助成のご案内 [PDFファイル/156KB]

申し込み方法

所定の申込書に必要事項を記入のうえ、保健医療課(市役所2階)または各支所地域福祉室に提出してください。

申込書はダウンロードのほか、保健医療課および各支所地域福祉室にも用意しています。

村上市人間ドック費用助成申込書 [PDFファイル/332KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)