ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 砂山地域まちづくり協議会

砂山地域まちづくり協議会へようこそ!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月10日更新

砂山地域を紹介します

砂山地域は、「お幕場」を中心とした広大な松林、白鳥の飛来する「大池」、平成の名水百選に選ばれた清流「荒川」、夕日が照らす日本海など、美しい自然に恵まれた地域です。
私たちは、地域に愛着を持ち、昔からの伝統行事や文化、町並みなどを地域の誇れる財産として継承してきました。
自然や伝統のほかにも、美味しい農産物や魚介類、それらを使った郷土料理、そして何よりもあたたかい人と人とのつながりがあります。
近年は、他の多くの地域と同様に、「働く場が少ない」、「若者が定住しない」、「子どもが少ない」、「高齢化に歯止めがかからない」など共通の課題も抱えていますが、現在は6集落で770世帯、2,300人近くの住民が生活しています。
これからも、一人ひとりがふれあいながら、みんなが安心して暮らすことができ、「ここに住んでよかった」と思える集落・地域にしようと取り組んでいきます。

 お幕場森林公園 牛屋付近の清流荒川 大池の白鳥

砂山地域の話題 

お幕場クリーン作戦でお幕場がきれいになりました

10月6日(日曜日)、お幕場クリーン作戦を実施しました。当日、早朝から天候に恵まれ100名を超える参加者に集まっていただき、砂山地域の大切な財産である「お幕場」をクリーンアップ作業を行いました。作業終了後、参加した小学生以下の子ども達を対象とした「紙相撲大会」を開催、またその後に全員参加のじゃんけん大会を開催し、豪華景品も求めて大いに盛り上がりました。当日、臥牛山隊員にも参加していただき、紙相撲大会の行司の手伝いと特製塩ちゃんこを作ってもらい、参加した皆さんで森林浴をしながらおにぎりと一緒においしくいただきました。「白砂清松100選」にも選ばれている、このお幕場を地域の皆さんと一緒に、これからも継続して取り組んでいきます。

作業の様子 作業の様子 臥牛山隊員がちゃんこ鍋を作っている様子

森林浴をしながら喫食している様子 作業終了後のお幕場の様子 作業終了後のお幕場の様子

塩谷海岸浸食防止懇談会

9月8日(日曜日)、塩谷集落の中央公民館を会場に開催されました。開会前には、暑い中、塩谷海岸を実際に歩き、過去の浸食状況や現在の状況など、塩谷瀬賀総区長(委員長)や奈良橋副委員長よりご説明をいただきました。来賓には、高橋村上市長をはじめ、斎藤衆議院議員、小野県議会議員、片野県議会議員、市議会経済建設常任委員会から川村議員、本間議員、竹内議員よりご参加いただき、国土交通省羽越河川国道事務所、下越森林管理署、村上地域振興局地域整備部の関係機関と区民が懇談しました。懇談会では、塩谷区からの切なる要望に対し、地域整備部渡邊部長より厳しい予算の中で様々なシミュレーションを行い、一番効果が期待できることを実施していきたいというご意見があり、この取り組みは継続して行っていかなければならないことが確認されました。懇談会の最後には、稲荷山下からの緩傾斜護岸の延伸、突堤の増設工事と波消しブロックの嵩上げなどを盛り込んだ要望書を、村上市長及び村上地域振興局地域整備部長へを手渡しお願いいたしました。

懇談会場 開会挨拶 瀬賀委員長  来賓挨拶 高橋村上市長

来賓挨拶 斎藤洋明衆議院議員 高橋村上市長へ要望書 綿鍋地域整備部長へ要望書

福田集落 獅子踊り

8月26日(月曜日)、福田集落の獅子踊りは、江戸末期頃から始まり150年にわたり伝承されてきました。この日のために7月上旬より練習を重ね、力強い舞で観客を魅了しました。

獅子踊り1 獅子踊り2 獅子踊り3

赤松集落 環境整備と懇親会

 8月25日(日曜日)、毎年恒例の環境整備が行われました。この活動を通じて地域への関心と住民との交流を深めることを目的として取り組んでいます。当日は、集落の住民が多く参加し、環境整備終了後、懇親会を開催し、住民同士の親睦を一層深めました。

赤松区参加者集合写真 環境整備の様子 環境整備の様子

北新保集落 しめ縄作り

 8月18日(日曜日)、稲わらを使って「しめ縄作り」が行われました。大切な伝統行事を次世代に引き継いでいくため、集落住民に声を掛け合い、みんなで一緒に今年も立派な「しめ縄」が完成しました。8月25日の神楽に合わせ鳥居に飾りました。

しめ縄作り1 しめ縄作り2 しめ縄作り3

牛屋集落 獅子踊り

 8月17日(土曜日)、法徳寺の観音様祭りに奉納される伝統の三匹獅子。猛暑の中、何度も練習を重ね、大勢の観客を前に見事な舞が披露されました。

牛屋獅子踊り1 牛屋獅子踊り3 牛屋獅子踊り3

長松集落 七夕まつり

 8月6日(火曜日)、毎年恒例の七夕まつりが行われました。自作の屋台に折り紙や短冊を飾った竹を取り付け、大切な行事の一つとして集落ぐるみで取り組んでいました。

七夕まつり1 七夕まつり2 七夕まつり3

北新保集落 七夕まつり

 8月6日(火曜日)、毎年恒例の七夕まつりが行われました。小中学生が大きな屋台を引きながら、中学生が太鼓や鐘をたたいて先導し、今年度末に閉校となる砂山小学校の校章をイメージした飾りも用意し、掛け声を合わせて集落内を練り歩きました。

七夕まつり1 七夕まつり2 七夕まつり3

災害に強いまちづくりを(防災事業視察研修)

 7月11日(木曜日)、昨年に引き続き、防災視察研修を実施し、今年度は有事の際における日頃からの備えについてを学ぶため、砂山地域各集落の自主防災組織役員と防災士が参加し、長岡震災アーカイブセンターとおぢや震災ミュージアムへの視察研修に行ってきました。「地域を守る=お互いさまの心=地域防災力」であり、普段からの地域コミュニティがポイントであるということがいかに大切か考える良い研修となりました。

長岡震災アーカイブセンター 説明を聞く参加者 おぢや震災ミュージアム

いつまでもお元気で!神林地区敬老会

 6月15日(土曜日)、神林総合体育館を会場に恒例の神林地区敬老会が開催されました。神林地区の75歳以上の敬老会対象者のうち、砂山地区からは132名の方が出席しました。当日は、みのり保育園、平林小学校、神林中学校の児童生徒より踊りや校歌などが披露され、演芸団体の踊り等を鑑賞しながら、久しぶりに会う友人と時を過ごしました。いつまでもお元気でお過ごしください。

敬老会の様子 敬老会の様子 敬老会の様子

お幕場茶会が今年も盛大に開催されました

 5月19日(日曜日)、恒例のお幕場茶会が開催されました。
当日は晴天に恵まれ、1,900名強の方が訪れ各流派のお茶を愉しまれました。

お茶会の様子 お茶会の様子 お茶会の様子

今年は花壇に挑戦!来年の春が楽しみ 砂山地域花いっぱい事業

令和元年5月19日(日曜日) 参加者94名
大池での花いっぱい事業も今年で5年目となりました。今年は昨年に引き続き、出島にシバザクラの苗を植栽しました。新たな取り組みとして花壇を設置し、周りのシバザクラの花の色と違うブルーを選びました。大勢の方が、来年の春に大池へシバザクラの観覧に訪れてもらえるよう、地域の皆さんと協力しながら管理していきます。

 シバザクラを植栽している様子 親子で植栽している様子 花壇に植栽している様子 アヤメの花付近の草取りも実施しました
事業に参加された皆さん

平成31年度通常総会開催

平成31年4月9日(火曜日)
砂山小学校の多目的ホールを会場に平成31年度の通常総会を開催し、平成31年度事業計画・予算などを審議しました。第3期まちづくり計画の中間年度を迎え、地域の課題解決に向けた取り組みを継続して推進していくことを確認しました。

瀬賀会長 総会議長をお願いした須貝武道さん 総会の様子 岸副会長

集落支援員を継続して活動を取り組みます

塩谷の「ぎょぎょかいめでたや」(旧漁業協同組合)を拠点として買い物支援や地域の活性化に取り組んでいる阿部久美子さんが、砂山地域の集落支援員として2年目に入りました。今後も引き続き、各集落におじゃまして地域の皆さんの声を聞かせていただいたり、区やまちづくり協議会とも連携しながら、砂山地域を元気にする活動に取り組んでいただきます。地域の皆さんのご協力をお願いいたします。

阿部久美子さん ぎょぎょかいめでたや 買い物に訪れる地域の皆さん
集いの場になっています 買い物支援を目的に取り組んでいます 男性も大勢訪れます