ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

成年後見制度利用支援事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)への報酬費用について、負担が困難な方に助成を行い、成年後見制度の利用を支援します。

対象者

後見人等の選任を受けた方で、

  • 生活保護受給者
  • 市民税非課税世帯で、預貯金・現金の合計額から家庭裁判所が決定した報酬付与額を差し引いた額が50万円未満となる方

※ 後見人等が配偶者、直系血族(父母・祖父母・子・孫など)、兄弟姉妹の場合は助成対象外となります。

助成額

後見人等が行う報酬付与申立ての結果、家庭裁判所が決定した報酬額が助成額となります。助成の上限額は以下のとおりです。

  • 在宅者 月額28,000円
  • 施設入所者 月額18,000円

様式のダウンロード

村上市成年後見制度利用支援事業実施要綱 [PDFファイル/134KB]

成年後見制度利用支援事業助成金支給申請書 [PDFファイル/106KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)