ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

通所型サービス

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月4日更新

国のガイドラインで示す類型

村上市の名称

旧介護予防通所介護相当のサービス

元気応援通所サービス

通所型サービスC (短期集中)

元気応援通所サービスC (※)

※ 元気応援通所サービスCの利用は、介護予防・生活支援サービス事業対象者を優先とします。

元気応援通所サービス

介護保険サービスとして要支援1・2の人が利用していた旧介護予防通所介護と同じ内容のサービスです。

食事、入浴、その他の必要な日常生活上の支援や機能訓練などを日帰りで提供するサービスで、利用者の心身機能の維持向上と、利用者家族の負担軽減を図ります。
また、高齢者の有する能力に応じ、自立した生活を営むことができるよう支援します。

サービスを提供する事業所については、村上市介護保険サービスガイドをご参照ください。

事業所の指定

村上市から元気応援通所サービスの指定を受けた事業所がサービスの提供を行います。

サービスの基準

人員、設備、運営の基準については、旧介護予防通所介護と同様の基準となります。

利用者負担

介護保険サービスの利用者負担割合(原則1割、一定以上所得者2割または3割)と同じになります。

利用料のめやす

対象者

利用回数

利用料金

事業対象者、要支援1・2

週1回程度

1,655円/月

事業対象者、要支援2

週2回程度

3,393円/月

※上記は1割の自己負担額です。
※上記とは別に食費、おむつ代、その他の日常生活費が必要になります。
※サービス提供事業所の所在地、サービス提供体制、サービスの内容などに応じて利用料は異なります。

総合事業サービスコード表についてはこちら

支給限度額

  1. 事業対象者・要支援1 5,032単位/月
  2. 要支援2 10,531単位/月

元気応援通所サービスC

生活機能改善のための運動器機能向上、栄養・口腔機能改善プログラムを実施する短期集中予防サービスです。

運動の様子1運動の様子2

 各地区で開催しています

運動の様子4

  • 村上地区 「元気応援むらかみ教室」 
  • 荒川地区 「元気応援あらかわ教室」 
  • 神林地区 「元気応援かみはやし教室」
  • 朝日地区 「元気応援あさひ教室」
  • 山北地区 「元気応援さんぽく教室」

「運動・栄養・口腔」の面から

「楽しく無理なく運動する」「食べる楽しみを大切にする」「口の中全体の健康を守る」ことができるように総合的に取り組み、生活習慣に取り入れてもらえることを目指しています。

足腰をきたえ、転ばない身体づくり

運動機能の向上

健康運動指導士や理学療法士と一緒に全身のストレッチをしたり、音楽に合わせてリズムよく身体を動かしたりと、筋力やバランスを鍛える運動を楽しく行います。

運動の様子3

おいしく食べて、丈夫な身体づくり

栄養改善

偏った食生活をしていないか自分の食生活を振り返り、毎日の食事をバランスよく食べること、低栄養を予防することを目的に、栄養士の講義や栄養相談、調理実習などを行います。

栄養の学習1栄養の学習2

お口からはじめる身体づくり

口腔機能の向上

歯科医師や歯科衛生士による口と歯の状態確認、口腔内の健康を保つ方法として入れ歯の手入れやブラッシング指導、お口の体操などを行います。

口腔について1口腔について2

日程・会場・参加費など

  • 1コースにつき5~7か月間
  • 概ね週1回の開催
  • 参加費1コース300円程度

内容については、各地区の実情に合わせて実施していますので、詳しい日時や会場、送迎の有無などは各支所にお問い合わせください。

相談窓口・お問い合わせ先

村上市役所(本庁)介護高齢課
村上市地域包括支援センター
電話:0254-53-2111(内線3431・3432・3433)

各支所 地域振興課 地域福祉室
荒川支所 電話:0254-62-3104
神林支所 電話:0254-66-6113
朝日支所 電話:0254-72-6887
山北支所 電話:0254-77-3113