ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生活環境室 > 犬・猫が飼えなくなった、犬が逃げた、迷い犬を見かけたときは

犬・猫が飼えなくなった、犬が逃げた、迷い犬を見かけたときは

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年5月13日更新

ペットは家族の一員です。飼い主には責任と愛情をもって、終生飼育する義務があります。
やむを得ない理由で飼えなくなった場合や、犬が逃げた場合は下記の連絡先にご相談ください。

犬・猫を飼えなくなったとき

飼い犬・猫は、終生家族の一員として飼うことが原則ですが、やむを得ない理由で犬・猫が飼えなくなったときは、責任をもって新しい飼い主を探してください。
代わりの飼い主が見つからないなど、やむを得ない場合は、下記の連絡先にご相談ください。

犬が逃げて、いなくなったとき

飼い犬が逃げてしまったら、早急に自ら捜索し収容に努めてください。
収容できなかった場合は、下記の連絡先に確認し、保護されていないか確認してください。犬の放し飼いは絶対に止めましょう。
咬傷事故の原因になり、とても危険です。
 
逃げ出す犬が増えています。しっかりと首輪をつけ、首輪には鑑札などをつけましょう。

迷子犬を保護した、または見かけたとき

  • 犬の種類、大きさ
  • 性別、年齢や特徴
  • 首輪の色
  • 保護した場所
  • 鑑札、注射済票番号

以上のことを下記の連絡先に伝えてください。

連絡先(相談・届出窓口)

  • 村上地域振興局 健康福祉部 衛生環境課
    〒958-0864 村上市肴町10-15(電話番号:0254-53-8371)
  • 下越動物保護管理センター
    〒957-0064 新発田市奥山新保矢詰430(電話番号:0254-24-0207)