ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 衛生・ごみ > 生活衛生 > し尿処理場 排ガス・放流水検査

し尿処理場 排ガス・放流水検査

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

村上市では、廃棄物の処理および清掃に関する法律に基づき、し尿処理場が三面川に放流する水質に関する調査や対策、監視を行っています。
また、ダイオキシン類対策特別措置法および廃棄物の処理および清掃に関する法律に基づき、ダイオキシン類に関する調査や対策、監視を行っています。
調査結果はこのページで随時お知らせしてまいります。

村上市し尿処理場【排出ガス調査】

調査項目についての説明

ばいじん
いわゆる「スス」のこと。
窒素酸化物
主な発生源は、自動車排出ガスやボイラーなどで、石油類や石炭などの燃焼により生成されます。人体に吸収されると肺深部にたちして肺水腫などの原因になります。酸性雨の原因となる大気汚染物質です。
塩化水素
 刺激臭を有する無色の気体で、粘膜を刺激し結膜にも炎症を起こさせます。水に溶け易く、溶けると塩酸になります。酸性雨の原因となる大気汚染物質です。
ダイオキシン類
ダイオキシン類はポリ塩化ジベンゾパラジオキシン、ポリ塩化ジベンゾフラン、コプラナーポリ塩化ビフェニルの総称です。毒性が強く、発ガン性、催奇性などがあるといわれております。
硫黄酸化物
 大気中での濃度が高くなると、酸性雨やぜんそくなどの呼吸器疾患を引き起こす原因となります。
 

平成26年度調査結果

測定項目
(測定単位)
ばいじん
(g/m3N)
窒素酸化物
(センチメートル3N/m3N)
塩化水素(mg/m3N)ダイオキシン類(ng-Teq/m3N)硫黄酸化物
(m3N/h)
規制値0.25以下250以下700以下10以下7.5以下
平成26年度0.06310038

0.041

1.1

 いずれの項目も、国・県・市の定めた規制値を下回っています。

 平成27年3月、村上市新ごみ処理場の稼働にともない、し尿処理場の焼却施設は運転を終了しました。


村上市し尿処理場【放流水検査】

調査項目についての説明

透視度
試料の透き通りの度合い。水層を通して底に置いた標識板の二重線が初めて明らかに見分けられるときの水層の高さで表します。
Ph
物質の酸性、アルカリ性の度合いを示す数値。7が中性、値が小さくなればなるほど酸性が強く、値が大きくなるほどアルカリ性が強いとされる。水温によって値が変わるため、検査結果には水温も記載してあります。
Bod
水中の微生物が有機物を分解するために必要な酸素濃度で、値が高いほど水質が悪いといえます。
Ss
水中に混じった直径2ミリメートル以下の粒子状物質の量。
Cod
水中の被酸化性物質を酸化するために必要とする酸素量を示したもので、値が高いほど有機物質が多く、水質が悪いといえます。
大腸菌群数
乳糖を分解して一定量以上のガスと酸を生成する細菌類の総称。人間のし尿によってどの位汚染されているかの指標となります。
塩素イオン
下水中の塩素イオンの大部分は塩化ナトリウム(Nacl)で,し尿や生活排水に多く含まれます。塩化物イオンは人為汚染の指標になります。
全窒素
窒素化合物全体のことです。窒素は動植物にとって欠かせない元素ですが、富栄養化すると、プランクトンが異常増殖し赤潮などが発生する要因となります。
全リン
水中に含まれる無機および有機りん化合物中のりんの総量。し尿、工場排水などに含まれ、多すぎると海や河川の富栄養化の原因となるため、水質汚濁の指標になっています。 

平成27年度検査結果

測定項目(測定単位)天候気温-
水温
(℃)
透視度
(cメートル)
Ph
(0~14)
Bod
(mg/L)
Ss
(mg/L)
Cod(mg/L)大腸菌
群数
(個/センチメートル3)
塩化物
イオン

(mg/L)
全窒素
(mg/L)
全リン
(mg/L)
規制値

5.8~8.6

10以下5以下20以下100以下10以下1以下
平成27年4月1日

9.0-24.9100以上6.40.80.5未満3.003901.80.02未満
平成27年5月13日曇り20.2-29.3100以上7.00.5未満

0.5未満

0.9

04000.860.02未満
平成27年6月3日曇り21.0-31.3100以上6.90.5未満0.5未満1.003900.960.02未満
平成27年7月1日21.0-31.1100以上6.70.80.5未満1.403500.950.02未満
平成27年8月5日晴れ32.6-32.8100以上6.81月2日0.5未満2.203601.50.02未満
平成27年9月2日曇り26.2-30.7100以上7.10.5未満0.5未満2.003201.30.02未満
平成27年10月8日曇り19.0-28.2100以上6.70.5未満0.5未満2.703803.80.02未満
平成27年11月4日晴れ13.2-26.4100以上6.60.5未満0.5未満3.104506.10.02未満
平成27年12月2日晴れ8.3-24.1100以上6.60.5未満0.5未満2.204105.50.02未満
平成28年1月7日曇り4.8-22.5100以上6.60.5未満0.5未満2.104705.00.02未満
平成28年2月4日0.7-21.0100以上6.50.5未満0.5未満3.004702.60.02未満
平成28年3月2日2.7-21.1100以上6.50.5未満0.5未満3.003901.90.02未満

 すべての測定値が国・県・市の定めた規制値を下回っています。

平成28年度検査結果

測定項目(測定単位)天候気温-
水温
(℃)
透視度
(cメートル)
Ph(0~14)Bod
(mg/L)
Ss
(mg/L)
Cod(mg/L)大腸菌
群数
(個/センチメートル3)
塩化物
イオン

(mg/L)
全窒素
(mg/L)
全リン
(mg/L)
規制値5.8~8.610以下5以下20以下100以下10以下1以下
平成28年4月6日晴れ15.0-25.5100以上

6.5

0.5未満0.63.604102.30.02未満
平成28年5月11日19.1-29.1100以上6.8

0.5未満

0.5未満0.904405.1

0.02未満

平成28年6月1日晴れ18.3-30.8100以上6.90.5未満0.5未満0.803801.30.02未満
平成28年7月6日曇り22.9-31.7100以上6.90.5未満0.5未満0.803200.70.02未満
平成28年8月3日曇り28.0-32.7100以上6.90.5未満

0.5未満

1.703702.40.02未満
平成28年9月7日晴れ27.9-32.4100以上6.70.5未満0.5未満2.004201.40.02未満
平成28年10月6日晴れ22.0-29.7100以上6.80.5 未満0.5未満2.003503.50.02未満
平成28年11月2日晴れ9.0-27.7100以上6.90.5未満0.62.203902.30.02未満
平成28年12月7日晴れ6.0-24.6100以上6.70.5未満0.5未満2.403801.20.02未満
平成29年1月11日0.0-22.0100以上6.60.5未満0.62.403702.00.02未満
平成29年2月1日晴れ4.0-21.8100以上6.40.5未満0.52.804102.20.02未満
平成29年3月1日晴れ3.5-21.1100以上6.70.5未満0.62.604003.90.02未満

すべての測定値が国・県・市の定めた規制値を下回っています。

平成29年度検査結果

測定項目(測定単位)天候気温-水温
(℃)
透視度
(cメートル)
Ph
(0~14)
Bod
(mg/L)
Ss
(mg/L)
Cod(mg/L)大腸菌
群数
(個/センチメートル3)
塩素
イオン

(mg/L)
全窒素
(mg/L)
全リン
(mg/L)
規制値5.8~8.610以下5以下20以下100以下10以下1以下
平成29年4月5日晴れ15.0-24.8100以上6.30.5未満0.5未満2.703601.70.02未満
平成29年5月10日曇り21.2-28.5100以上6.60.5未満0.5未満

2.2

03602.80.02未満
平成29年6月7日曇り22.8-29.8100以上6.80.5未満0.5未満1.003601.30.02未満
平成29年7月5日曇り21.8-31.5100以上6.50.5未満0.5未満1.103603.90.02未満
平成29年8月2日晴れ26.5-32.1100以上6.50.60.81.703204.30.02未満
平成29年9月6日曇り22.2-30.7100以上6.70.5未満0.5未満1.403504.20.02未満
平成29年10月5日晴れ14.0-29.0100以上6.70.5未満

0.5

1.9

03602.90.02未満
平成29年11月1日晴れ

11.2-28.1

100以上6.80.5未満0.5未満1.903601.50.02未満
平成29年12月6日1.1-22.0100以上6.40.5未満0.5未満1.603101.70.02未満
平成30年1月10日曇り

5.5-20.0

100以上6.40.60.5未満1.704002.20.02未満
平成30年2月8日0-17.9100以上6.30.60.5未満1.703801.80.02未満

平成30年3月7日

晴れ2.0-20.1100以上6.30.5未満0.92.003201.60.02未満

 すべての測定値が国・県・市の定めた規制値を下回っています。今後も、生活環境の保全に努めます。

単位の説明

N(ノルマル)
規定濃度を表す単位です。(温度が0度であって、1気圧に換算したとき)
mg(ミリグラム)
質量を表す単位です。(1,000分の1グラム)
 ng(ナノグラム)
質量を表す単位です。(1,000,000,000分の1グラム〈10億分の1〉)
 pg(ピコグラム)
質量を表す単位です。(1,000,000,000,000分の1グラム〈1兆分の1〉)
Teq(ティーイーキュー)
単純に濃度ではなく、毒性量を表す単位です。
 ダイオキシン類の定義に当てはまる化学物質は400種以上。そのうち31種に顕著な毒性があるとされていますが、それらの毒性の強さは同じではありません。そのため、ダイオキシンの影響を比較したり評価したりするときには、最も毒性が強いとされる2,3,7,8-Tcddという種類の毒性の強さを1とした係数と実測濃度を掛けた数値の合計を、毒性など量(Teq)として表します。

※立方メートルはm3、立方センチメートルはセンチメートル3、リットルはLと記載しています