ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

村上の特産品-しな布

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

村上の特産品「しなふ」

「羽越しな布」は、新潟県村上市山北地区や山形県鶴岡市関川を産地とし、羽越地域の山間部に生育するシナノキ、オオバボダイジュおよびノジリボダイジュの樹皮から取れる靭皮繊維で糸を作り、布状に織り上げたもので、ざっくりとした手触りと落ち着きのある風合いに特徴があります。現在は、バッグ、帽子など多くの日用品に加工されています。

さんぽく生業の里およびさんぽく体験交流企業組合にて、しな織り体験をすることができます(要予約)。

-平成17年度伝統的工芸品指定-

「匠の手」羽越しな布

http://takumi.niigata.jp/MOVIES/uetsushinafu.html

新潟県伝統的工芸品プロモーションムービー「匠の手」について

新潟県内の経済産業大臣指定「伝統的工芸品」13産地16品目の製造現場を取材し、各工芸品の匠16名の手から繰り出される鮮やかな技術や工芸品の魅力を紹介しています。映像では、さんぽく生業の里企業組合の大滝栄子氏が、伝統のしな積みや織りの工程を披露しています。

しな織り体験についてのお問い合わせ

さんぽく生業の里

住所:村上市山熊田325

電話:0254-76-2115

さんぽく体験交流企業組合

住所:村上市勝木1099(交流の館「八幡」内)

電話:0254-60-5222

さんぽく生業の里HPにリンク

さんぽく体験交流企業組合HP内「古代織しな織り体験教室」にリンク