ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光情報 > 買う・食べる > 村上地区 > 村上の特産品-鮭

村上の特産品-鮭

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

塩引鮭の焼物 塩引鮭

 村上では古くから三面川(みおもてがわ)の鮭を『イヨボヤ』と呼んできました。
 「イヨ(イオ)」と「ボヤ」はともに魚を意味する言葉で、三面川の鮭を「魚の中の魚」「三面川の鮭でなければ鮭とはいえない」と言い切るほど、鮭と密着した生活を営んできました。

 村上の鮭の歴史は古く、平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていたことが記録に残っています。

 江戸時代に入ると鮭は村上藩の貴重な財源とされ、自然ふ化増殖システムである『種川の制』を考案し増殖に努めました。
 また、明治時代には、日本初の人工ふ化に成功し遡上数の大幅な増加が見られました。

 このような長い歴史の中から、村上では独特の鮭文化を築き上げてきました。
 一年を通しておいしく食べられる百種類以上の鮭料理を生み出し、それぞれの家庭で、それぞれの自慢の味が親から子へ、子から孫へと守り伝えられています。

村上の鮭漁のページにリンク

青砥武平次のページにリンク

村上鮭加工業組合HPにリンク