ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

個人市・県民税の申告書

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月4日更新

エクセル様式もしくはPDF様式のファイルをダウンロードし、必要箇所を入力(記入)した後、申告書を両面印刷し、添付書類を同封して税務課まで郵送いただくか、直接担当窓口へ提出してください。

※電子メール(eメール)、ファックスでの送信はお受けできません

平成31年度(平成30年分)市民税申告書

エクセル様式

PDF様式

申告書の記入例

※ 家族の被扶養者となっている方や学生などで、前年中に所得がなかった方でも国民健康保険に加入していたり、各種手続き等で所得課税証明書が必要になる場合は申告が必要になりますので、上記の記入例を参考にして申告書の提出をお願いします。

配偶者控除・配偶者特別控除の控除額が変わりました

 平成31年度(平成30年分)から配偶者控除・配偶者特別控除の控除金額が変わりました。

  ●配偶者控除・配偶者特別控除の変更について

医療費控除の申告方法が変わりました

 平成30年度(平成29年分)の申告から医療費控除を申告する場合は、医療費控除明細書の添付が必要となりました。

 また、平成30年度(平成29年分)の申告から、通常の医療費控除に加えてセルフメディケーション税制が始まりましたが、セルフメディケーション税制による控除を申告する場合も明細書の添付が必要となります。

 なお、申告に当たっては、通常の医療費控除とセルフメディケーション税制による控除のいずれかを選択して申告することとなります。(通常の医療費控除とセルフメディケーション税制による控除の両方を申告することはできません。)

医療費控除明細書の作成をお願いします

 医療費控除またはセルフメディケーション税制による控除の申告をする場合は、医療費控除明細書またはセルフメディケーション税制の明細書を作成して申告書に添付してください。(申告相談会にお越しの場合は、事前に明細書を作成してお持ちください。)

 なお、医療機関等に支払った医療費の領収書は自宅で5年間保管してください。

※上記のファイルに記入例も記載されています。

  ●医療費控除の申告方法変更について

マイナンバー(個人番号)の記載について

 平成29年度の申告書から、マイナンバー(個人番号)の記載欄が新設されました。申告者、被扶養者等の個人番号を忘れずに記載してください。

本人確認の実施について

 個人番号を記載した申告書をご提出いただく場合、マイナンバー法に定める申告者の本人確認を下記のとおり行います。

  1. 個人番号の確認(通知カード、個人番号カード(裏面))
  2. 本人確認(運転免許証、パスポート、個人番号カード(表面)、保険証、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳など)

 郵送により申告書を提出される場合は、上記の確認資料の写しを同封してください。

平成30年度(平成29年分)市民税申告書

エクセル様式

PDF様式

申告書の記入例

平成29年度(平成28年分)市民税申告書

エクセル様式

PDF様式

平成28年度(平成27年分)市民税申告書

エクセル様式

PDF様式

平成27年度(平成26年分)市民税申告書

エクセル様式

PDF様式

 

送付先

〒958-8501
 新潟県村上市三之町1番1号
 村上市税務課市民税係 宛

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)