ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 林業 > 森林経営管理制度について

本文

森林経営管理制度について

記事ID:0054120 更新日:2020年10月1日更新 印刷ページ表示

森林経営管理制度とは

 森林経営管理法が平成30年5月25日に可決・成立し、平成31年4月1日から森林経営管理制度(新たな森林管理システム)がスタートしました。
 この制度は、適切な経営管理が行われていない森林を、意欲と能力のある林業経営者や市町村に委ね、森林の経営管理を確保し、林業の成長産業化と森林の適切な管理の両立を図るために制定されました。

keieikanri

森林経営管理制度における「村上市森林経営ガイドライン」について

 森林経営管理法に規定する市町村の責務として、市はその区域内に存する森林について、経営管理が円滑に行われるようこの法律に基づく措置その他必要な措置を講ずるように努めるものとされています。
 本市における森林の保全および林業の振興に必要な森林整備を効果的に行うために、本年5月「村上市森林経営ガイドライン」を策定しましたので公表します。

森林経緯営管理制度における「村上市森林経営ガイドライン」 [PDFファイル/425KB]

制度の詳細について

 詳細は下記林野庁ホームページをご覧ください。

 森林経営管理制度(森林経営管理法)について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)