ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 電気・ガス・上下水道 > 新エネルギー > 「新潟県村上市及び胎内市沖」における洋上風力発電事業の概要について

本文

「新潟県村上市及び胎内市沖」における洋上風力発電事業の概要について

記事ID:0081928 更新日:2024年5月7日更新 印刷ページ表示

洋上風力発電事業の概要について

「新潟県村上市及び胎内市沖」における洋上風力発電事業の事業者として選定された「村上胎内洋上風力コンソーシアム」の事業計画概要について、お知らせします。

事業計画概要について

事業者名

村上胎内洋上風力コンソーシアム

(三井物産株式会社、RWE Offshore Wind Japan 村上胎内株式会社および大阪ガス株式会社を構成員とする合同企業体)

事業計画概要

 
発電設備出力 68.4万キロワット
基数 38基
風車機種 Haliade-X 250 18MW
運転開始予定時期 2029年6月30日
基地港 ※1 新潟港(東港区)
基地港利用時期 2027年4月から2030年3月(建設時)および撤去時
O&M港 ※2 岩船港(村上市)
O&M港利用時期 2028年10月から(運用および保守作業時)

※1 洋上工事の際に拠点となる港のこと、※2 運転開始後、保守作業等で拠点となる港のこと

運転開始までのスケジュールについて

スケジュールのイメージ
 
区分 工事 実施時期
法令手続 環境影響評価 2024年から 2026年前半まで
適合性・ウインドファーム認証 2024年から 2026年前半まで
調査・設計 海底地盤調査 2024年から 2025年半ばまで
工事 陸上送変電設備 2025年4月から 2028年後半まで
基地港湾利用(建設時) 2027年4月から 2030年3月まで
海底ケーブル敷設 2028年5月から 数か月
基礎据付工事 2027年半ばから 2028年半ばまで
風車設置工事 2028年11月から 2029年半ばまで
運転 試運転 2028年11月から 2029年半ばまで
運転 2029年6月末 運転開始

 

地域共生策の概要について

事業者は「地域の方々との対話」、「豊富なノウハウの活用」、「幅広いネットワークを活用したパートナー企業の招聘」等を通じて、30年の事業期間を通じ、地域の発展に貢献する計画です。

また、事業者は、1「新産業育成・雇用創出」、2「人材育成・教育」、3「観光振興」、4「漁業振興」、5「地域生活支援」を5つの重点分野と整理し、地域への効果が持続し好循環を生むような地域共生策を、事業期間にわたって継続する計画です。

地域共生策のイメージ

今後、事業者による市民や地元企業を対象とした説明会も予定されています。事業者から情報提供がありましたら、市報およびホームページでお知らせしていきます。

なお、さらに詳しい事業計画概要は、下記リンクからPDF資料でご覧いただけます。

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)