ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > ふるさと納税 > ふるさと村上応援寄附金 > 平成23年度 ふるさと村上応援寄附金活用報告

平成23年度 ふるさと村上応援寄附金活用報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月22日更新

「ふるさと村上」を応援いただきありがとうございました
~平成23年度のふるさと村上応援寄附金(ふるさと納税)の活用について~

平成23年度にいただいた「ふるさと村上応援寄附金(ふるさと納税)」は11件でした。
いただきました寄附金を活用させていただいた事業についてお知らせいたします。

 

1 いただいた寄附金の明細

寄附金の活用メニュー寄附の件数寄附金合計
市長におまかせ2件450,000円
将来を担う人材の育成1件100,000円
歴史文化遺産の保全と活用1件30,000円
美しく豊かな自然環境と景観の保全・整備6件290,000円
その他1件12,000円
合計11件882,000円

 

2 活用した事業の紹介

市長におまかせ

市民協働のまちづくりの準備経費に活用しました

市民協働のまちづくり

市内各地域が抱える課題の解消や地域の活性化を目指して取り組む「市民協働のまちづくり」は、「地域の元気づくり」として、市民の皆さん、各種団体、行政が一体となって取り組みます。
平成23年度に、各地区の市役所庁舎に、協働のまちづくりを担当する職員を配属し、各地域の皆さんとともに「地域まちづくり組織」の設立を進めました。
この推進経費に、いただいた寄附金の一部を活用させていただきました。

将来を担う人材の育成

小学校教材等整備経費に活用しました

小学校運動会

市内には、28の小中学校に約5千人の子どもたちが通っており、村上市の将来を担う子どもたちの学力向上のため、いただいた寄附金の一部を活用させていただきました。

 

 

 

歴史文化遺産の保全と活用

大葉沢城跡案内看板作成経費に活用しました

大葉沢城跡案内看板

大葉沢城は、朝日地区大場沢にある普済寺の南背後にある西に向かって舌状に伸びた標高90メートル程の小山にあります。築城年代は定かではありませんが、鮎川氏によって築かれたといわれています。
この大葉沢城への道標や遊歩道の看板作成経費に、いただいた寄附金の一部を活用させていただきました。

 

 

 
 
 

美しく豊かな自然環境と景観の保全・整備

景観計画策定費に活用しました

景観計画

市では、平成23年度から2カ年かけて「村上市景観計画」の策定作業を進めています。景観計画とは、景観行政団体が景観法に基づき策定する計画のことで、良好な景観形成のために、地域に根差した取り組みを行う計画です。
この計画策定費にいただいた寄附金の一部を活用させていただきました。

 

 

 
 

その他

高齢者除雪費援助事業に活用しました

雪おろし

65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯 などに除雪費用を援助しました。今年は豪雪に悩まされましたので、いただいた寄附金の一部を活用させていただきました。

 

 

 

 


 ご寄附いただきました皆様には心からお礼申し上げます。
 今後とも、ふるさと村上を応援下さるようよろしくお願いいたします。