ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
地域組織の概要
地域拠点施設
まちづくり通信
地域づくり支援事業
頒布資料のご案内
協議会のあゆみ

村上地域まちづくり協議会 地域づくり支援事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

事業概要

村上地域まちづくり協議会の事業は大きく分けて、地域全体を想定した地域活性化事業と町内単位(または複数町内)の活動に対する支援事業に区別されます。この事業は、後者の町内単位の活動の支援を行うこととしています。

対象事業事業内容

補助の限度額

1 新しい組織立上げ事業

町内または複数町内で行う町内事業活性化や世代間交流に向けた新たな組織の設置

初年度3万円
2年目以降1万円

2 子育て支援・ふれあい事業町内または複数町内で行う子どもの居場所づくり事業や子どもと高齢者とのふれあい事業2万円
3 伝統行事支援事業伝統行事の受け入れ事業1行事1万円
4 美しい町並み事業環境整備事業3万円
5 元気づくり事業町内の課題解決や活動の充実または活性化につながる事業30万円

要綱・申請書などダウンロード

新型コロナウイルス感染症の影響などで、申請し承認された事業が、実施できなかった(中止した)場合や、申請した期間で完了できなかった場合などは、「地域づくり支援事業実績報告書(様式第3号) [Wordファイル/47KB]/ [PDFファイル/97KB]」にて、下記の【記載例】を参考にして、提出してください。

申請にあたっての注意とお願い

審査を円滑に行うため、以下の資料を必ず提出してください。

  • 事業費の積算根拠がわかるもの(「見積書」などの写しなど)
  • 地域活性化の観点から、村上地域内の店舗、事業所からの購入を推進しています。地域外の業者などから購入しなければならない場合(インターネット通販を含む)はその理由を記載した理由書。

令和2年度地域づくり支援事業の新型コロナウイルス感染症予防に伴う3密解消対策への活用について

  1. 新型コロナウイルス感染症拡大を予防するために、3密防止に向けて「新しい生活様式」に沿った対策を講じながら、町内での活動の持続や活性化につなげるための策は、地域づくり支援事業が活用できるものとします。(対象となる事業、対象外とする事業は下記に例示します)
  2. 本年度の1次期および2次期において承認を受けた事業について、3密解消対策を施した上で事業を実施する場合は、その費用を補助対象費用として計上することができます。
  3. 上記2.のうち、事業承認額が当該事業の限度額に達していない場合で、3密解消対策を施すことで事業費が増加することとなる場合は、当該事業の限度額の範囲内まで増額できることとしますので、事前に事務局までご連絡ください。
  4. 上記2.3.とも既に事業が完了してしまったものについては除きます。
  5. 3密解消対策として、新規に申請したい希望がある場合は、3次募集を7月1日から開始しますので、事務局までご連絡ください。まずは申請したい内容などをお聞かせください。
  6. 現状の「村上地域まちづくり協議会地域づくり支援事業補助金交付要綱 [PDFファイル/129KB]」をそのまま運用します。要綱の変更、項目の追加、補助金額の増額などを行うものではありません)
  7. 町内活動の再開、維持、活性化を目的とするもので、集会所などの維持管理を目的とするものではありません。

新型コロナウイルス感染症予防 3密解消対策としての対象事業別具体的内容

対象事業 具体的内容
1 新しい組織立ち上げ事業活動する組織が3密解消対策を施す場合、その経費を補助対象事業費として計上することができること
2 子育て支援・ふれあい事業事業を実施するにあたり3密解消対策を施す場合、その経費を補助対象事業として計上することができること
3 伝統行事支援事業伝統行事への参加受け入れに対し、3密解消対策を施す場合、その経費を補助対象事業費として計上することができること
4 美しい町並み事業環境整備事業を実施するにあたり3密解消対策を施す場合、その経費を補助対象事業費として計上することができること
5 元気づくり事業町内活動を実施するにあたり3密解消対策を施す場合、その経費を補助対象事業費として計上することができること
対象とするもの(例) 

(1)飛沫感染防止パネル、透明ビニールカーテン、アクリル板、パーテーションなどの購入、取り付け費用 
  ・集会場、公会堂など活動拠点に設置するもので、個人宅などに設置するものではないもの
 ・恒常的に設置するものではないもの

(2)マスク、消毒液など ・活動のために使用し、参加者が直接その場で使用するものに限ります
 ・備蓄のため、常時集会場などに備え付けるためのもの、世帯数分を購入し単に全世帯に配布するだけの場合などはとしません。

(3)その他3密解消、感染症拡大防止のために必要なもの

対象外とするもの

(1)換気扇、エアコン、網戸、手洗い場の設置、その他改修工事など集会施設整備にかかる経費

(2)パソコン、ウェブカメラなど個人占有となる備品
 ・オンライン会議開催のためにおこなう集会施設の回線改修工事も集会施設整備にかかる経費とみなし対象としません。

(3)既存品の買い替え

地域づくり支援事業 3次募集について

新型コロナウイルス感染症拡大を予防するために、3密解消に向けて「新しい生活様式」に沿った対策を講じながら、町内での活動の持続や活性化につなげるための策として、地域づくり支援事業補助金が活用できるものとし、令和2年度に限り、昨今の状況に鑑み、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための3密解消対策事業に特化したかたちでの3次募集を実施します。
(注) 現状の要綱をそのまま運用するものです。要綱の追加、補助金額の増額などを行うものではありません。各事業とも限度額にすでに達している場合は申請できませんので、ご理解をお願いいたします。

募集期間

令和2年7月1日(水曜日)から随時受付 ※年度内に完了できるものに限ります

申請の意向があるご町内は、まずは事務局までご連絡ください。担当者が申請した内容を聞き取りさせていただき、合致する内容であれば、申請書類を提出していただきます。 

連絡先

村上地域まちづくり協議会 事務局 (村上市役所5階 自治振興課内)

※必ず町内区長さんを通じてご相談ください。

審査

緊急を要するものであり、都度審査会は行いません。書類審査を行い、内容に問題が無ければ「事業計画承認書」を送付しますので、その後に事業に着手してください。

お願い

地域内の経済活性化につなげるため、村上地域内の店舗、事業所からの購入を推進しています。
新型コロナウイルス感染症拡大の昨今の地域経済の状況から、地域の経済が深刻な状況となっています。この支援事業の活用にあたっては、地域の経済に貢献できるよう、地域内の店舗、事業所での購入をお願いいたします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)