ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 市議会 > 村上市議会 > 市制施行10周年記念事業 村上市こども議会

市制施行10周年記念事業 村上市こども議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月27日更新

市制施行10周年記念事業 村上市こども議会

こども議員全員で集合写真 議席に着席し、こども議員の質疑を聞いています 

平成30年8月11日、市制施行10周年記念事業の一つとして「村上市こども議会」が市役所内の議場で開催されました。
市内小・中学校と村上高等学校・村上桜ヶ丘高等学校のあわせて30校から代表1人ずつが「こども議員」となり、自分の住む地域の課題への市の対応や、自身が考える対策やアイデアの提案など、市長や教育長に村上市の将来に対する質問や意見を堂々と述べました。

趣旨

市制施行10周年を契機に、未来を担う村上市の小・中学・高校生が、住民自治の基本である市議会の場を経験し、議会制度のあり方を学ぶとともに、政治への関心を高め、将来の村上市のために、自ら体験して得た想いや意見、要望および未来に託す夢を伝え村上市政の発展に資することを目的に実施する。

日時

平成30年8月11日(土曜日)午前9時30分開会  

場所

村上市役所4階 議場

こども議会の経過(概要)

演壇でこども議員が順番に質問。議長は高校生と中学生が交代で務めました「ふるさと村上のまちづくりをともに考える決議」採決の瞬間。起立全員により可決されました

30人のこども議員が5グループに分かれ、こども議員が1人ずつ演壇に登壇して市政一般に関する質問を行い、理事者側が答弁しました。
議事の進行は、こども議員のうち中学生と高校生がグループごとに交代しながら正副議長を務め、また、正副議長についても途中で交代し、中学生と高校生は全員が議長を務めました。
一般質問終了後、こども議員の発議により、「ふるさと村上のまちづくりをともに考える決議」が提出され、起立全員で可決され、市長に決議書が手渡されました。

こども議会の様子は、市議会だより第53号で特集しました。

市議会だより第53号

市制施行10周年記念事業村上市こども議会 会議録 [PDFファイル/425KB]

ふるさと村上のまちづくりをともに考える決議 [PDFファイル/9KB]

一般質問事項

1グループ

  • 菅原 理人 議員 (村上桜ヶ丘高等学校) 「村上市の政策について」
  • 松本 奈々 議員 (瀬波小学校) 「村上市の待機児童について」
  • 遠山 漣 議員 (金屋小学校) 「荒川地区の伝統である獅子踊りPRについて」
  • 遠山 春翔 議員 (平林小学校) 「交通安全の対策について」
  • 高橋 咲蘭 議員 (三面小学校) 「小・中学生の無料バス運行について)
  • 菅原 優星 議員 (さんぽく北小学校) 「山北地区のまちづくりについて)
  • 遠山 愛実 議員 (平林中学校) 「平林中学校閉校後の校舎等の活用について」

  2グループ

  • 富樫 俊介 議員 (村上東中学校) 「村上市の防犯灯の設置について」
  • 佐藤 龍士 議員 (さんぽく南小学校) 「これからの山北地区のまちづくりについて」
  • 中山 一 議員 (朝日みどり小学校) 「一人暮らしや少人数集落等の生活・医療について」
  • 東山 萠花 議員 (村上小学校) 「登下校の防犯について」
  • 本間 絢音 議員 (神納小学校) 「保育士不足の改善に向けてできることは何かについて」
  • 太田 元 議員 (猿沢小学校) 「村上市の自然エネルギーについて」
  • 坂野 伊吹 議員 (岩船中学校) 「スポーツの振興と武道場の建設について」

3グループ

  • 熊倉 ミハイ 議員 (村上高等学校) 「伝統文化や工芸品について」
  • 時田 莉子 議員 (保内小学校) 「村上市のまちづくりについて」
  • 田島 彩江 議員 (砂山小学校) 「将来の働ける場の確保について」
  • 瀬賀 向輝 議員 (上海府小学校) 「いじめのない学校づくりについて」
  • 田巻 真菜 議員 (山辺里小学校) 「未来の村上市について」
  • 須貝 蓮太 議員 (荒川中学校) 「村上市の動物との共存について」

4グループ

  • 菅原 諒大 議員 (山北中学校) 「人口減少対策について」
  • 島田 咲季 議員 (小川小学校) 「村上市の身近な公園作りについて」
  • 鈴木 しんか 議員 (神納東小学校) 「村上市の観光の促進について」
  • 東海林 さくら 議員 (岩船小学校) 「村上市の交通機関について」
  • 本間 月渚 議員 (西神納小学校) 「神林地区のまちづくりについて」
  • 鈴木 颯汰 議員 (朝日中学校) 「地域おこし協力隊について」

5グループ

  • 五十嵐 彩心 議員 (神納中学校) 「道端に捨てられるゴミへの対応について」
  • 室橋 優大 議員 (村上南小学校) 「村上地区の狭い道路について」
  • 中山 夏帆 議員 (塩野町小学校) 「村上市の少子化対策について」
  • 平間 沙哉 議員 (村上第一中学校) 「村上地区の防災について」

決議

こども議員発議第1号 ふるさと村上のまちづくりをともに考える決議 [PDFファイル/9KB]

【決議文】
この度、私たちは市制施行10周年を記念した「村上市こども議会」に参加し、改めて自分たちが住んでいる地域や村上市全体のことを考える機会となりました。
そして、今日、この村上市議会議場において、小学生から高校生までの30人がそれぞれの視点により、村上市の現状や課題について質問や提案を行いました。その内容は、少子高齢化、学校統合、防犯、観光などをはじめ幅広い範囲に及びました。どれも、私たちの生活に大きく関係していることばかりで、答弁をお聞きして、市役所の役割や仕事が市民の生活に密着していることがとてもよくわかりました。
私たちが生まれ育った村上市は、海、山、川など自然が豊かで、そして歴史と伝統ある私たちのふるさとです。私たちの大好きな他に誇るべき村上市が、将来にわたり希望に満ちた魅力あるまちとして発展するように、私たちは今回の貴重な経験を生かし、まちづくりをひとごととすることなく、市民の一人として、そして、将来の担い手であることを自覚し、私たちの住む地域に一層関心を高め、いろいろなことを学び、考え、行動し、市民の皆様、地域の皆様とともにふるさと村上のまちづくりに取り組んでいきたいと思います。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)