ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

統一的な基準による財務書類の公表

記事ID:0054325 更新日:2020年10月8日更新 印刷ページ表示

平成27年1月に「統一的な基準による地方公会計マニュアル」が総務省から示されました。
本市では、平成20年度決算から、「総務省方式改訂モデル」により作成、公表してきましたが、平成28年度決算分からは、当該マニュアルに基づき、統一的な基準による財務4表(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書)および附属明細書を作成、公表しています。

平成18年8月に「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針」が総務省から示されました。
本市では、平成20年度決算から、「総務省方式改定モデル」により普通会計ベースと連結ベースの財務4表(貸借対照表、行政コスト計算書、資金収支計算書、純資産変動計算書)を作成、公表しています。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


財政状況に関するお知らせ
財政用語