ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 電気・ガス・上下水道 > 上下水道 > 指定給水装置工事事業者制度について

指定給水装置工事事業者制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

更新制度の導入について

令和元年10月1日に「水道法の一部を改正する法律」が施行され、指定給水装置工事事業者制度に更新制度が導入されます。
この制度導入により、指定の有効期間が、従来の無期限から5年間に変更になります。
更新対象となる事業者の皆さまには、上下水道課から事前にお知らせしますので、更新手続きをお願いします。
また、更新制導入による新規・更新に係る事務手数料の徴収を開始します。

・ 指定給水装置工事事業者のみなさまへ [PDFファイル/240KB]

・ 更新手数料 2,000円

新規申請・届出変更について

給水装置の工事および修理を行う場合は、指定給水装置工事事業者として指定を受けなければなりません。
また、届出内容に変更が生じた場合は、各種届出の提出が必要になります。

・ 各種申請・届出様式

・ 新規手数料 3,000円

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)