ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 電気・ガス・上下水道 > 上下水道 > 冬期間の水道管凍結にご注意ください

本文

冬期間の水道管凍結にご注意ください

記事ID:0050479 更新日:2023年1月19日更新 印刷ページ表示

 冬期間においては、凍結により水道管にトラブルがおきやすい環境となります。凍結すると、水が出なくなるばかりではなく、水道管が破裂し、修理に多額の費用を要する可能性がありますのでご注意ください。

 また、冬期間は積雪のため漏水が発見しにくい環境になりますので、ご家庭の水道管は皆さまが管理して凍結対策を行っていただくようお願いいたします。

こんな時は要注意

  • 気温がマイナス4度以下(風当たりの強いところはマイナス1度~マイナス2度)のときは、凍結する恐れがあります。

予防対策

  • 屋外に露出している水道管には、保温材(発砲スチロール)などを巻くことをお勧めします。
  • 天気予報などを確認して、冷え込むことが予想される日は、必ず寝る前に少し蛇口から水を出しておきましょう。(水道料金がかかります。)
  • ボイラーの電源を入れることで凍結防止機能が作動します。(機器取り扱い説明書を確認してください。)
  • 長期不在の場合は、上下水道課に連絡して休止の手続きをしましょう。
  • 詳しい予防対策はこちら→冬期間の凍結対策 [PDFファイル/464KB]

 保温材を使った凍結防止布を使った凍結防止

水道管が凍結したときは

  • 蛇口を全開にしてタオルなどを巻き、その上から約45℃のお湯をゆっくりとかけて解凍してください。
    タオルを巻くのは、余熱を利用するためで、効果的です。

     凍結した水道管の解凍の図

水道管が破裂したときは

丙バルブ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)