ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

関係人口創出・拡大事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月31日更新

総務省の「『関係人口創出・拡大事業』モデル事業」に採択されました!

総務省の委託事業として実施する令和元年度「関係人口創出・拡大事業」モデル事業に、本市の提案内容が採択されましたのでお知らせします。

本事業は、地方公共団体が実施する、国民が「関係人口」として地域と継続的なつながりを持つ機会・きっかけを提供する取組をモデル事業として総務省が採択し、委託調査事業として実施するもので、本市においては、以下の内容で提案を行いました。

なお、当該モデル事業として、全国で44団体(複数団体による連携を含む。)が採択されており、新潟県では長岡市、燕市とともに本市が採択されています。

テーマ

村上市関係人口創出事業

概要

・関係人口に取り組むための研修の実施

・関係人口を募る仕組みづくりの構築
 関係人口コーディネーターを配置(地域おこし協力隊)、関係人口の組織化や受入体制づくりを目指す

・地域組織「まちづくり協議会」の課題解決型組織への発展
 1.「関係人口」づくりを目指す取組をサポート、協議会を地域課題解決にも取り組む組織への発展を促進
 2.特に人口減少が著しい地区は、重点的に取組を支援して、持続可能な地域づくりを目指す

・地域各種団体との連携
 既に先駆的に取り組む団体との連携により、全市的な協力体制を構築

参考資料

平成31年度「関係人口創出・拡大事業」モデル事業の採択一覧その1 [PDFファイル/271KB]

平成31年度「関係人口創出・拡大事業」モデル事業の採択一覧その2 [PDFファイル/323KB]

平成31年度「関係人口創出・拡大事業」モデル事業概要 [PDFファイル/740KB]

リンク

総務省ホームページ 地域への新しい入口『関係人口』ポータルサイト

関係人口とは

「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。

地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面していますが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが期待されています。

関係人口図解
(総務省ホームページの関係人口創出・拡大事業の概要資料から抜粋)