ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

事務・権限移譲

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

地域に身近で自立した行政に

事務・権限移譲とは、これまで県が行っていた事務や権限の一部を市が引き受け、より地域に身近な市で事務が完結できるようにしていく取り組みです。

それにより、市民にとっての窓口が近くなり、また市や出先機関などを経由することによって生じていた処理時間が短縮されるなど、利便性が向上するとともに、市の裁量が高まり、地方分権時代に合った自立的な行政運営の推進が図られます。

最新の事務・権限移譲(令和2年4月1日更新)

令和2年度移譲内容(令和2年4月1日から市に移譲されたもの)

これまでの移譲内容

過去に県から市に事務・権限移譲が行われたものについては、下記のリンクからご確認いただけます。

県から市への事務・権限移譲について

県から市への事務・権限移譲については、事務量と費用対効果、類似団体の動向などを総合的に勘案したうえで、市民サービス向上の観点から受け入れを進めることとしており、毎年度県と協議を行い、受け入れを進めています。

※県から市への事務・権限移譲は、これまでにも受け入れが行われており、平成20年5月7日から市で可能となったパスポートの交付申請も、事務・権限移譲によるものです。

県から市への事務・権限移譲のイメージ

事務・権限移譲イメージ図

 

参考URL:県から市町村への事務・権限の移譲(新潟県ホームページ)

その他

※ 市政に対するご意見・ご提案につきましては、「市政提案」からお願いします。