ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごみの自己搬入

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月23日更新

引越しや大掃除などで大量にごみが出た場合や、ステーションに出せない大きいごみなどは、ごみ処理場に直接持ち込むことができます。

直接搬入の仕方

  1. 「燃やすごみ」と「燃やさないごみ」に分けて降ろせるように、車両に積み込んでごみ処理場に持ち込んでください。
  2. 受付で車両の計量をし、受付を済ませてください。係員の指示により処理場に進入し、ごみを降ろしてください。
  3. 再度、はかりで計量し、料金を支払ってください。(持ち込んだ日に、現金でお支払いください)
  • ごみ収集車などが頻繁に出入りするので安全確保に十分ご留意ください。
  • 自分で運ぶことができない場合は、収集運搬許可業者に処理を依頼してください。なお、許可のない業者が個人に頼まれてごみを収集運搬すると法律で罰せられます。

料金

  • 10キログラムまで60円
    (10キログラムを超えた場合、10キログラムごとに60円を加算します。)
※村上市ごみ指定袋には入れないで、持ち込んでください。

 村上市ごみ処理場(エコパークむらかみ)

施設の所在地

村上市桧原1147番地
電話:0254-60-2430

受付時間

  • 月曜日~土曜日(祝日含む)
    午前8時30分~午後4時00分
  • 日曜および12月31日から1月3日は受付していません。

その他

不明な点は、ごみ処理場へお問い合わせください。

ごみ処理場に持ち込めるもの(主な品目の例)

「燃やすごみ」、「燃やさないごみ」のほか、大きくてステーションに出せない下図に示すようなごみを受け入れます。

持込可能品目一覧
品目品目イメージ説明
ふとん類ふとん類切らないでそのまま持ち込むことができます。
自転車自転車原動機付自転車(バイク)は持ち込めません。
タンス・家具類たんす・家具類木製・スチール製のどちらも持ち込むことができます。
スプリングマットスプリングマットスプリングとマットに分けて、持ち込んでください。
枝木枝木直径20センチメートル、長さ2m以内に切ってください。
木材木くず・木材

事業活動に伴うもの(建設業が出すもの)は持ち込みできません。

じゅうたんじゅうたん切らないでそのまま持ち込むことができます。
スキー・スノーボードスキー・スノーボード切らないでそのまま持ち込むことができます。
波とたん・雨どい波とたん・雨どい1m以内に切ってください。1日に持ち込めるのは10枚(本)まで。
エレクトーンエレクトーンピアノは持ち込めません。
電化製品電化製品乾電池は取り外してください。
家電リサイクル品家電リサイクル品家電リサイクル料金が必要です。

 Q&A

ごみ処理場で受け入れるごみはどんなもの?
 「燃やすごみ」、「燃やさないごみ」を受け入れます。また、ごみステーションでは、80×50×40センチメートルにごみの大きさを制限していますが、処理場では大きいものもそのまま受け入れます。(例:布団類は切らないままでも受け入れます。)
なお、木材については個人所有の小屋などの建築廃材は持ち込めますが、枝木と同じ大きさに切ってください。1日に持ち込める量は、軽トラック1台程度とさせていただきます。
 
雑誌や缶類などの資源ごみも持ち込めるの?
処理場では資源ごみは受け入れていませんので、各地区の収集カレンダーに従い資源ごみの日に出してください。